旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

先週末、ルスツスキー場で行われた「北海道スキー技術選手権大会」に長男と二男が参加してきました。

二人とも自分で運転してスキー場に行けるので、私はほとんど彼らの練習も見てないし、今年は練習予定すら把握していません。

でも、一人暮らしを始めて、自分で自由に練習時間が使えるようになった長男は今までになく滑りこんでいるようにも見えました。

アルバイトが深夜帯なので逆に練習が全くできなくなり練習不足は否めないながらも、今までの練習の貯金に助けられた二男。

それぞれがそれぞれのスケジュールで練習をし本番を迎えました。

DSC_0397_convert_20150313113210.jpg

ルスツのゲレンデに立つのは何度目でしょう。

ここの大会でいい結果を納めない限り、全国への切符は手に入りません。

多くの選手がもちろん全国大会を目指して集まって来ています。

大会は土曜日、日曜日の二日間で行われました。

1420440719622_convert_20150105155548.jpg

土曜日の予選、二人ともなんとか通過しました。

二男は本当にギリギリの通過(笑)

今までのルスツノ大会で一番嬉しかったかも…と後からこっそり教えてくれました。

これで日曜日の決勝に駒を進めることができます。

1427777194730_convert_20150331143840.jpg

実は私、息子たちのこの試合を見に行ったことがありません。

いつか行きたい、行きたいと思いながら、三男がまだ小さかったり、お金がかかるからあきらめたり、全国が決まったら見に行くわ!な~んて言っていました。

以前の私なら結果が出るころには家でソワソワして、何度も何度も携帯の画面とにらめっこ。

でも、今年は違います。

どんな結果も「スキー人生の通過点」として受け止める!そう心に決めていました。

1453077560372_convert_20160118153831.jpg

結果、今年も二人とも全国は行けず…。

あと少し点数が足りなかった長男。

今年の1月の週末は毎週末片道4時間かけて大会会場のルスツスキー場に通ったり、仕事終わりは必ず練習をして、今まで以上に頑張ってきたけど、全国の壁は思っているよりも高く、厚い。

毎年、少しずつだけ順位を上げては来ているけど、見えそうで見えない、つかめそうでつかめない全国。

1453077539708_convert_20160118153748.jpg

日曜日、ルスツから帰ってきた二男が大会中の様子をマシンガントークで教えてくれました。

会場に行っていないパパさんや私にわかるように、あんなことがあった、こんなことがあった…次から次へと笑いあり、驚きありのエピソード。

落ち込んで帰ってくるかと思っていたので少しホッとしました。

スキーを通して色々な人とかかわる中でスキーの技術はもちろん、人間としても成長させてもらっているんだな~と目を輝かせて話す二男が少しまぶしく見えました。

1420440709369_convert_20150105155523.jpg

長男はもう一日ルスツに残っているのでまだ会えていないのですが、二男はもう次の練習に向けて話していました。

私が彼らと同じ年の頃、こんなにあきらめずにチャレンジし続けたことが何かあるだろうかとふと考えます。

今まで生きてきて、こんなにも頑張り続けていること何かある?って聞かれて胸張って答えられるものは何もないかもしれません。

息子たちのキラキラ輝くがんばりに私も背中を押されるように一生懸命働けていることは事実。

まだもう少し全国行きの夢、彼らと一緒に追いかけたいと思います。

私にできることは少ないけれど、笑顔でお帰りと言って出迎えてあげたいです。

いつか…じゃなく必ず全国へ!あきらめないぞ~!!

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
年末から立て続けにスキーの大会に追われている我が家。

長男、二男もぴっぷスキー場で行われた大会に出場。

とりあえずルスツで行われる全道大会に駒を進めることが出来ました。

滑りの中で課題が山積みに見つかったようですが(笑)ここまで来たら練習あるのみ

長男も二男も自分の車でスキー場まで移動してくれるので親の手が離れ楽ですが、どうか車の事故だけは注意してほしいと、帰って来て顔を見るまでは毎日ドキドキです。

1515996107186_convert_20180115150608.jpg

先週の8、9、10日は私と三男で糠平町(ぬかびらちょう)に二日間の大会出場のため行ってきました。

途中の三国峠(みくにとうげ)は北海道でも一番標高の高い峠で、晴れていたから良かったけれど吹雪いていたら運転はすごく怖いだろうな~という峠でした。

今回は行きも帰りも晴れていたので私の日ごろの行いがいいのが証明!!

DSC_1286_convert_20180115150719.jpg (一日目の晩御飯)

旭川からゆっくり運転で2時間半ほどかかった糠平。

スキーの大会ではあるけれど一年ぶりの温泉に私の心はウッキウキ。

「お母さんは何しに来たの?!」と三男に言われるほど温泉を満喫しましたが…。

DSC_1287_convert_20180115150750.jpg (二日目の朝食)

なんとこの宿、スリッパもバスタオル・浴衣・歯ブラシ類のアメニティが一切ない…。

歯ブラシくらいはあるだろうと持ってこなかったので三男がたまたまカバンに入れっぱなしだった前回のホテルの歯ブラシ(未使用)をもらって事なきを得ました。

近くのコンビニに買いに行こうかと思ったら16キロ先までコンビニなし…

布団を敷きに来てくれるだろうと待っていたら誰も来ないので…自分で敷いて寝ました。

三男に聞くと、スキーの合宿のときはたいがいそうだと…知らなかった…

DSC_1288_convert_20180115150815.jpg (二日目の昼食)

いつもは低糖質ダイエットがんばってますが、こういう時には食べたいもの食べます。

…というか食べたいもの食べないと買い食い出来るところはないので、しっかり食べて良く動く、シャワーで済ませがちなお風呂を温泉でしっかり暖まる…をしていたら、体重的にはあまり変わらず。

大好きなラーメン三昧で幸せ…

DSC_1291_convert_20180115150933.jpg (二日目の夕食)

去年、中学生で全道、全国、ジュニアオリンピックまで行けたものの、高校生の部になると選手は猛者しかおらず…。

スタートは後ろから数えたほうが早く、もちろん結果も後ろから見たほうが早い順位。

高校生という高い高い壁が見えました。

学校の名前の入ったバスで乗り込んでくる強豪選手のいっぱいいる学校の雰囲気に圧倒される私たち。

体も大きく、みんな早そう…

DSC_1293_convert_20180115151027.jpg (三日目の朝食)

去年までの三男ならその雰囲気だけでお腹が痛くなっていましたが今年の三男は違います。

自分のペースを崩すことなく、淡々とただコースを見続けています。

人って成長する生き物なんだな~強くなれるんだな~と横目で見守る私。

DSC_1294_convert_20180115151048.jpg (三日目の昼食)

大会途中、吹雪でビデオ撮影すら出来ないような悪天候だったり、ピカピカに晴れたりとめまぐるしく変わる天気と気温に戦いながら二日間の大会を無事終えました。

練習量は強豪校には絶対に勝てません。

それでも自分のいる環境の中で今できるベストを尽くす…がこれからの三男の課題。

1515996120840_convert_20180115150624.jpg

明日からは高体連が同じく糠平で始まり、目標は再び全国!インターハイへ!

壁は高く厚みもあり三男の前にそびえたっていますが、でも、頑張るしかないですよね!

昨日の国体予選も惨敗だったので明日からは気持ち切り替えてまた滑って来てほしいと思います。

1515996124471_convert_20180115150638.jpg

ちなみに昨日パパさんが同じ温泉に泊まったら、私の時にはなかったアメニティグッズ全部あったよ~と写真を送ってくれました。

なんでや??

1515996136733_convert_20180115150652.jpg

あ、スリッパまで。

私はブーツ(という長靴)履いて温泉に行ったのに~

でも、温泉は最高に気持ち良かったですよ~。


そういえば、10日の大会の後、三男のストックが行方不明に…。

二男のストックを借りて今回の大会は出場できましたが、間違って持って行った方は返してくださ~い。

きっともう戻ってこないよね、くすん

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
今月の初め、久々の家族全員のお出かけしてきました。

どこへ行ったかと言うと…スキーの早期受注会。

雪のないこの時期に今シーズンの使う道具やウェアなどを探したり、決めて予約したりします。

DSC_0582_convert_20170730110826.jpg

憧れのトップ選手たちのサインが書かれたポスター。

あぁ、いつかうちの息子たちも上手になってここにサインが書けるくらいの選手にならないかな~

DSC_0583_convert_20170730110902.jpg

会場の中はたくさんのお客さんがいたので、写真はほとんど撮れませんでした。

なので入り口でパチリ。

新しいウェア、私も欲しい…

DSC_0584_convert_20170730110925.jpg

二男はスキーブーツを新調するので足のサイズを確認中。

DSC_0585_convert_20170730110942.jpg

スキーブーツはこんな風に内側のインナーを履いてから外側の固いブーツを履きます。

足がブーツの中でほとんど動かないくらいピッタリフィットしたものを選手は使用するらしい。

その方が滑る時の足の裏の感覚や力の入れ具合がわかるとかなんとか…(私にはよくわからない世界)

DSC_0588_convert_20170730111004.jpg

インナーが外せるので練習終わった後には、干して乾かせるという利点があるのですが、我が家は外側だけを忘れるという事件が数年に一度起こります(普通の人はないと思うのですが…)

DSC_0590_convert_20170730111025.jpg

三男も昨年度ヘルメットを壊してしまったので、新しく探している模様。

その他、ゴーグルやウェアなども「あーでもないこーでもない」と言いながら探しています。

DSC_0591_convert_20170730111043.jpg

今年の冬もこれで準備はバッチリ!!

…あとは、支払いが来るだけ…

うおおおお~!!働くぞ~!!

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
先日、二男のスキー準指導員検定会の閉会式に行ってきました。

横殴りの雪が降る中、車のヘッドライトだけが頼りの状況での運転でした。

早めに家を出たのに、着いたのはなんと開始 5分前

取りあえず、二男を入り口で降ろし、私は駐車場を探しました。

DSC_0022_convert_20170302100603.jpg

私が建物に着いた時には、閉会式は始まっていて、会場の立派な扉はしっかり閉まっていました。

入りたいけど気後れした私は入ることが出来ずに耳だけを扉にくっつけていると、センターの係りの方と清掃の女性が、

「せっかくなんだから、入ったらいいよ。息子さんの晴れ舞台見てあげて」と声をかけてくれました。

そっと重い扉を押しあけて中に入ると選手は緊張の面持ちで話を聞いている最中でした。

二男の姿は私からは見えません。

17-02-26-09-36-47-626_photo_convert_20170302100523.jpg

スキーの準指導員を受けている方たちは私と同じくらいの年齢の方もいれば、もっと上の年齢の方もたくさんいました。

去年の秋から、まずは学科の勉強から始まり、雪が降ると実技の試験。

大人になって何かを一生懸命に勉強し、そして合否を待つ…そんな経験を今している目の前の方達がとてもすごいな~かっこいいな~と思いました。

そして、ふと2年前の長男の時を思い出しました。

子どもたちは確実に成長し、スキルアップしているのに私はどうなんだろう?

17-02-26-09-58-10-169_photo_convert_20170302100539.jpg

そんなことを考えているうちにとうとう合格者の発表となりました。

今年の合格率は58.7パーセント。

車の中で学科試験が自信ない…自信ないとつぶやいていた二男。

でも、二男の受験番号と名前を呼ばれました!!

合格です!

17-02-26-09-58-45-996_photo_convert_20170302100750.jpg

壇の上で合格証をもらう二男の姿をまさか見る日が来るとは思っていませんでした。

スキーとどう関わっていくかを悩み、スキーを辞めると決めた4年前のあの日

色々考え、時には立ち止まり、時には遠回りもしたけれど、あの時があって今がある。

続けてきて良かったな~、辞めないで本当に良かった…と二男の背中を見ながら涙があふれてきました。

続けていくことの大変さと、そして喜びを両方一度に味わった瞬間でもありました。

DSC_0043_convert_20170302100624.jpg

二男のスキー板は長男のお下がり、スキー靴を入れるカバンは知り合いからもらったカバン。

長男と三男が新しくスキーの道具を買いそろえていく中で、決して何かを買ってほしいとは言ったことがない二男。

もしかしてそれは一度は辞めると決心した二男の心の逃げ道なのかもしれません。

買ってしまうと辞めるって言えないから…でも、もうそろそろ心の逃げ道、なくても大丈夫じゃない?

二男のようなスキーの関わり方もありだと私は思うんです。

学校もバイトもがんばりつつ、スキーも滑れるときには楽しく滑る!

1453077560372_convert_20160118153831.jpg


閉会式が終わった後、色々な方が二男に声をかけていました。

「よかったね~」「がんばったね~」「今度は教えてよ~」なんて肩を叩かれ笑い合っていました。

二男の周りには笑顔が集まります。

笑わせているんだか、笑われているんだか、わからないけれど、そんな二男の姿を見るのが私は大好きです。

あなたの周りの笑顔の花はとってもキラキラしています。

合格、本当におめでとう。



↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
全国大会の報告の前に少し遡ってお話をしていこうと思います。

結果だけを見るのではなく、三男の心の変化や成長をお伝えしたいので…もし良かったらお付き合いください。




全道大会が終わり、全国の切符を手にしたあと、三男を取り巻く環境は思っているよりも早いスピードで変化していきました。

練習環境、周りの人たちの対応、市や学校の行事、色々な手続き、こんなに全国というのはすごいことなんだと改めてヒシヒシと感じることになりました。

喜んでくれる人、応援してくれる人、色々な人の気持ちをたくさん受け取り、期待している空気がビシビシ伝わってきます。

見ている私は三男が期待というプレッシャーに負けないだろうか…なんて心配していましたが、本人は「緊張しないで滑るんだ~」と思いのほかリラックスした空気でした。

DSC04550_convert_20170209101307.jpg

実は三男は北海道選手団の中で最下位の入賞。

まさか自分が全国に行くなんて…と思っていたので、三男は緊張も気負いもなく、ただ上手な選手と一緒に練習しているのが、面白く、勉強になると言ってました。

親の私たちも「中学校のいい思い出だね~、楽しく滑ろうね~」なんて言って山形に向けて出発したのです。



先に現地入りしていた三男と一緒に動いていた長男から届いた写真には相変わらずの猫背気味の三男。

いつもは遠巻きに見ていた上手な選手の子たちと一緒にはいるけれど、少し離れたところでひっそりと立っている様子が見てとれます。

1486211692388_convert_20170209101335.jpg

それでも4泊5日の滞在の中で、だいぶ仲良くなった選手もいたようで、帰り際には笑顔も見れました。

「俺、体がでかいから みんなが腕相撲を申し込んでくるんだけど、俺一番強い!」と自慢げに教えてくれた三男。

「戦うところ、そこ?!」と思いながらも、ま、楽しいならいいかと私たちも安心して当日を迎えました。




大会前日の2月2日、天候は大荒れ。

私たちの乗った飛行機はかろうじて飛びましたが、午後からの便は欠航という状況。

1486211695177_convert_20170209101440.jpg

選手たちが前日練習を行うものの、このような全く見えない状況(下の写真)だったと後で聞きました。

そのころ、仙台空港からレンタカーを借りて走っていた私とパパさん。

宮城に入る頃から横殴りの雪が降り、雪国から来たけれど、ワイパーは夏用、雪を降ろすスノーブラシもなく、タイヤはスタッドレスだったものの二回ほどスタックしながら、なんとか宿泊先の「鳴子温泉」にたどり着きました。


念のために言っておきますが、レンタカー会社が悪いんじゃありません。

パパさんの車のチョイスが悪かったんです。(スキー場に二駆は厳しい… 鳴子温泉、坂きついし)

1486211695358_convert_20170209101513.jpg

大会当日2月3日、男子の回転(SL)競技、全国から191名のエントリー。

全国大会のスタート順は全道大会や県大会の成績で決まります。

そう、三男は一番最後だったので、180番台からスタートです。

全国の選手が100人ほど滑った後の雪面は大きく溝が出来、ボコボコとなるだろうと言われていました。

まるで、コブのようだよとアドバイスくれる方もいました。

1486211703755_convert_20170209101817.jpg

横風が強く吹く、「赤倉スキー場」で男子の競技がスタート。

全国の選手はやはり早く、上手い。

生でこんなにすごい選手をたくさん見るのは初めてです。

それはきっと三男もそうだったでしょう。

100位以内に入ればいいかな…いや、滑りきれればいいかな…なんて私は思っていました。

60位以内に入れば、もう一度滑る権利が得られます。

1486211728584_convert_20170209101736.jpg

でも、見る見る間に雪面が荒れて、ガタガタになっていきました。

一番最初の選手が滑って一時間半も経った頃、ようやく三男のスタートです。

転んでる選手もたくさんいます。

みんな、この大会に懸けているから、無難な滑りじゃなく、最大限 頑張って滑ろうと意気込みが違います。

でも、私は、どうかどうか、転ばないで…無事ゴールが切れますように…と心の中で祈りました。

1486211706369_convert_20170209101758.jpg

一本目、ガタガタになった雪面を上手くとらえ、なんと60以内に入ることが出来ました!

明らかに全道大会の時よりうまくなっている息子の滑りに驚きます。

きっと上手な選手の中で得られるものがたくさんあったのだろうと思いました。

すごく、がんばったんだな…と。

「もう一度、全国の大会で滑るチャンスをもらえたのだから、がんばるよ!」と話していた三男の顔は見たこともないようなしっかりとした顔つきでした。

1486211695275_convert_20170209101457.jpg

こんなに緊張する大会は私にとっても久しぶりで、カメラを持つ手が震えます。

自分の子だけじゃなく、他の選手もどうかどうか転ばずに滑れますように…。

そんなことを祈りつつ見守る二本目の競技がスタートしました。

ゴール下から三本目の旗門の所で何人もの選手が失敗し、転んだり、コース外に外れてしまっています。

失格になってしまった子は呆然とゴール地点から立ち退いたり、泣いている子たちもいました。

蜈ィ驕・_convert_20170209101714

失格になったり、滑りきることが出来ないと順位はつきません。

全国大会に出ただけでは順位はもらえないのです。

私は北海道に帰ってから〇位だったよ~と報告する三男の姿を見たいと思いました。

でも、きっと選手たちはそんなこと考えず今できる最大限の攻めの滑りをしてくるでしょう。

三男の二本目がスタートしました。

DSC04555_convert_20170209101622.jpg

危なげなく落ち着いた滑りでしっかりと雪面をとらえています。

みんなが引っ掛かっていた下から三本目の旗門もクリアし、ゴールした瞬間…。

ゴール付近で見ていた応援に来ていた北海道選手団から悲鳴があがりました。

悲鳴?歓声?

何が起きたの?

DSC04557_convert_20170209114509.jpg

私の隣でスマホから速報を見ていたパパさんが「すごい!30位以内に入ったぞ!」

順位は一本目のタイムと二本目のタイムの合計で決まります。

三男の二本目のタイムは思っていたよりずっとずっと早かったので、応援団から歓声が上がったのでした。

180番台からのスタートでまさか30位以内に入るとは思ってもいなかったので、嬉しくて嬉しくて、私は涙が止まりません。

隣を見るとパパさんも泣いていました。

DSC04556_convert_20170209114540.jpg

スタート地点で応援していた長男が私たちの元に降りてきて一言、「あいつ、すごいね。早いわ。すごい、がんばった。」

嬉しそうな、でも悔しそうな複雑な顔でした。

滑り終えた三男にその言葉を伝えると、「勉強も運動も何もかも兄ちゃんには勝てなかったけど、これでスキーだけは勝ったね」

いつも自信なく、猫背で、ふんわりと笑っていた三男の超えたかった壁って…と考えた瞬間でした。

逆に現役の選手として長男も違う種目ではあるけれど、全国という空気を吸ってまた自分も 今度は自分が選手として全国に行こうと思ったのに違いないのでした。

DSC04552_convert_20170209114612.jpg

スキー場から宿に戻る送迎バスに乗った時、三男は他の選手から拍手が起きて「ジュニアオリンピック出場おめでとう!」と全員に言われたそうです。

全国大会で30位以内に入ると、次は岩手の雫石スキー場で行われるジュニアオリンピックというのに出られます。

家に帰って来てから三男は私に「俺、これからもスキー続けるわ。がんばって練習してジュニアオリンピックも出たい!だから、がんばって働いてね」と言いました。

辞めようか、続けようか、悩み続けた三男の姿はもうどこにもなく、目標をしっかり持った顔つきのスキー選手がそこにはいました。




旭川に帰って来て、多くの人が喜んでくれたのはもちろんです。

でも、きっと誰よりも喜んでいたのは本人だったのだと思います。

来週、受ける高校の試験の面接練習もハキハキと答えることが出来るようになりました。

いつの間にか猫背もなくなり、お腹も痛くなくなりました。

全国大会から帰って来て校長先生と面接した時に「自分が今こうして滑れるのはたくさんの人が手伝ってくれて、一緒にやって来てくれたからです。自分一人ではここまで来れませんでした」と言っていたと聞きました。

どうかその言葉と感謝の気持ちを忘れず、これからもスキーだけじゃなく色々な事にもがんばって欲しいなと思いました。




仙台の美味しい食べ物や、鳴子温泉のことなど、まだまだお伝えしたいことがたくさんあるのですが、長くなってしまったのでまた今度。

長文にも関わらず最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

また一緒に三男とスキーが続けられることが出来そうで私は本当に喜んでいます。

いい経験を親子ともどもさせてもらっているな~と感謝の気持ちでいっぱいです。

来週、13、14日と高校の入試でお休みをいただいています。

返信遅くなったらごめんなさいね。

高校入試もどうかがんばってくれますように…

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は11月3日で今シーズンの営業を終了いたしました。2018年は4月29日から営業開始の予定です。お休みの間は事務勤務に戻ったスタッフAが大好きな旭川の事、スキーの事、愛猫ユズルの事などきままにのんびり更新していきますのでよろしくお願いします。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数