旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

こんにちは

昨日は三男の卒業式でお休みをいただいていました。

良く晴れた青空にぴったりのとても穏やかで暖かい いい卒業式でした

明日は長男と二男の卒業式でお休みします。

今週は卒業式ウィーク、ハンカチ多めで出席してきますね

DSC04631_convert_20170316134219.jpg

さて、前回の記事でもお知らせしましたがサケの稚魚たちにエサをあげ始めました。

エサやりと同時に行うのが水槽の模様替え~。

上の写真は模様替え前。

DSC04632_convert_20170316134252.jpg

長いゴム手をつけて水槽の石や網を取り除きます。

これはエサの食べ残しやフンを掃除するのに見やすくするためです。

手が滑って石を落とし、サケの稚魚が死んだら困るので緊張しながら作業します

DSC04634_convert_20170316134333.jpg

水温は7度の設定なので、ゴム手を付けていても頭がキンキンするほど冷たく、どんどん手がかじかんでいきます。

石の周りには稚魚たちがウロウロ。

危ないから、よけてて~

DSC04651_convert_20170316134711.jpg

こちらが模様替え後の写真。

ろ過装置の吸い込み口の黒いスポンジも取り除き、空気がボコボコ出るエアレーションもセットしました。

なんだか水槽が広く感じますね

DSC_0019_convert_20170316133045.jpg

エサはすでに取り寄せてあるサケ・マス専用のエサです。

小さな顆粒状のエサが粒の大きさ違いで2種類届きました。

今年は粒の大きい方のエサをあげます。

DSC04642_convert_20170316134444.jpg

乾いた清潔な容器にエサを詰め替え、このプラスチックスプーンはよくあるプリンやヨーグルトでもらうスプーンです。

最初はエサをエサだと認識するまで少量ずつ稚魚にあげ様子を見ます。

昨日までエサを見たこともない食べたこともないサケたちはどうやってエサを認識するのでしょうかね?

DSC04641_convert_20170316134409.jpg

2月24日、ほんの少し水面にパラパラッとエサを入れて見ました。

エサは軽いのでしばらく浮いていますが、水流で下に沈んでいきます。

気付いた稚魚がエサを食べ始めました。(エサは一日2回、食べ残さない程度をあげます)

DSC04658_convert_20170316134805.jpg

食べれば当然、出るものがでます。

エサの食べ残しなども水質悪化につながるので水の交換も始めました。

毎日、バケツ半分程度の水を汲み置きの水と交換するようにしています。

DSC04659_convert_20170316134837.jpg

ポンプの先には稚魚が間違って吸い込まれないように排水溝のネットをつけました。

水槽の温度が急に3度以上の差が出ないように注意が必要です。

放流までもう少し、みんながんばって大きくなってくださいよ~

DSC04647_convert_20170316134554.jpg

上の写真は2月の末頃の稚魚たち。

お腹にまだ切れ目が見えますね。

3月に入り、すっかり切れ目は見えなくなりました。




新しくサケのかんさつ日記を更新しました。(またまたマンガ書いてます。)

良かったらこちらのリンクから読みにいってくださいね~→H28 サケのかんさつ日記

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
二月も明日で終わりですね。

今年ほど足早に駆け抜けた2月はなかったな~と思います。

3月は息子たち それぞれの卒業式があり、みんな新しい進路が決まっています

長男は就職が決まり一人暮らしを始めることに…、二男はさらに進学することが決定、三男も高校生になります。

3月も怒涛の勢いで過ぎていくのだろうな~、体に気を付けてがんばらなくちゃ…なんて思っても見たりします

DSC_2112_convert_20170227134529.jpg

さて、こちらのバケツの写真…1月のサケ飼育室にあった汲み置きの水用のバケツです。

凍っているのが伝わりますか?

薄氷…なんていうレベルではありません。

バケツの水すべてが凍っていました…

建物内の物置の一角で飼育しているにも関わらず、この氷が出来るサケ飼育室…寒すぎです。

DSC04580_convert_20170227132931.jpg

自然界のサケは雪や氷がある川でふ化しています。

なので温かいところでは育たないのです。

寒くていいんです…いいんです…いいんです… 

寒い中ですが、毎日観察をしています。

その日の気温、水温、室温、鮭の様子などです。

DSC04584_convert_20170227133006.jpg

写真も もちろん撮りためています…が、最近のサケは動きが激しく、泳いでいるために上手には撮れません。

室内なのにマイナスにもなるサケ飼育室でカメラを構えていると…手が震えてるんだか、鮭が動いているんだか…の写真が出来上がります

お腹にオレンジ色が少し見えますか?

オレンジ色の袋(栄養が入っている)「さいのう」がそろそろ見えなくなってきました。

私が苦心して写真を撮っていると、一緒に飼育しているNさんが「あ、いいものあったんだ!」と出してきたのがこれ↓

DSC04610_convert_20170227133128.jpg

A5サイズのミニ水槽!

と~っても見やすい!(なぜに今まで使わなかったのかな??

サケは短時間の間に3度 水温変化すると体が弱ってしまうそうなので、急いで観察しました。

前回もお伝えした体の横のパーマーク(丸い黒いマーク)がはっきり見えますね!

このパーマークが薄くなって消えるころ、サケたちは川を下り海に向かっていきます。

DSC00844_convert_20170227133052.jpg

お腹の下からの観察もこんなにきれいで簡単です!!

お腹に切れ目が入っているように見える部分が「さいのう」の名残です。

このようにして自然と「さいのう」は小さくなり、あとは何もなかったかのようにお腹はくっついて閉じてしまうんですね。

この写真を撮っているときに、Nさんの顔色がみるみるうちに紫に…!!!

なぜかずっと息を止めて撮影していたと… (お願いですから、息をしながら撮影してくださいね…

DSC04629_convert_20170227133221.jpg (浮上しているサケたち)

お腹に「さいのう」をつけていた仔魚(しぎょ)は水の底で横たわっていましたが、「さいのう」がなくなるにつれてサケは体を起こし泳ぎ始めました。

お腹に「さいのう」がなくなった仔魚(しぎょ)を稚魚(ちぎょ)と呼びます。

水面近くまで泳ぎ始める稚魚が現れました。

サケたちがお腹の栄養を使い切り、水底から離れ エサを探すために水面近くまで泳ぎあがることを「浮上」(ふじょう)と言います

浮上が始まるとエサの開始の合図です。

エサやりの様子は次回に続きます



↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

全国大会から無事帰ってきました。

たくさんの応援、本当にありがとうございました。

いまだ興奮冷めやらぬ感じで時間が過ぎていきます。

それくらい現地で見てきたことは感動するものとなりました

詳しくは…後日、少し私も心落ち着けてから書こうと思います。

DSC04460_convert_20170206140424.jpg (1月5日の仔魚たち)

さて、久々にサケの成長をお伝えしようと思います。

上の写真はふ化したばかりの頃の仔魚(しぎょ)たちです。

お腹のオレンジの袋が大きくて色鮮やかですね。

体もまだ白く、まるでもやしのようです。

DSC04531_convert_20170206140542.jpg (1月25日の仔魚たち)

それから20日間が経ちました。

写真は撮影のために電気をつけていますが、日頃は真っ暗な所で、さらにカバーもつけて暗くしています。

体に少し色がついてきました。

魚のような形に近づいてきましたね。

DSC04567_convert_20170206140628.jpg (2月6日の仔魚たち)

そして、今日の仔魚たちです。

さらに体色はサケの色に近づきつつあります。

お腹のオレンジの栄養袋が小さくなっているのに気づきましたか?

お腹の袋がなくなって、水底から水面の上の方に泳いで来たら、エサをあげるタイミングとなります。

DSC04568_convert_20170206140658.jpg

今日の様子だとみんなまだ水底を泳いでいるし、お腹の袋も見えているのでエサやりはまだまだ先のようです。

水槽にメモリを貼りました。

春に放流するときの理想の大きさは体長5センチ、体重1グラム。

下の絵で見てもらうとわかると思いますが、頭の先から尾びれのくびれまでが体長と言います。

現在は2.5㎝くらいですね~。

繧オ繧ア_convert_20160125120139

もう少し日数が経ってくると、体の横に模様が入ってきます。

よく見るとうっすらと模様が見える仔魚もいます。

これは「パーマーク」と呼ばれるものです。

ヤマメやイワナにもこの模様は見られます。

サケはこの模様が薄くなってくると川から海に戻っていきます。

縺セ繧薙′縲€豌エ繧剃ス懊m縺・シ・_convert_20170206142058 (こんな感じで書いています~)

今年は今まで自分たちが育ててきて、なんだろうと思ったことや、そうなんだ~!と気づいた点をかんさつ日記にマンガで書いてみました。

へたへたながら私も書いていますので、どうぞ良かったら読んでください。

旭川市役所のみどり課さんのHPにリンクを貼っておきます。→H28年度 サケのかんさつ日記 (H28年度のサケのかんさつ日記をクリックしてね!)

前回の記事では私をマンガで書いてもらっていましたが、自分でも書いてみると漫画家さんってすごいな~と思いました。

話を伝わりやすくまとめたり、読みやすいようにコマ割りしたり、どれも一からの勉強となりました。

サケのかんさつマンガは二人で交代で書いているので作風が少し違いますが、笑って読んでくださると嬉しいです。

放流まで もう少し書いて行こうと思います

合わせて過去の観察日記もどうぞ~。

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
こんにちは

お正月も終わり、1月の三連休も終わり、なんだか体がおもだる~な私です。

みなさんは休みボケ、大丈夫ですか~??




さて、先週の話に戻りますが、休み明けサケの水槽を見たらなんと!!

DSC04441_convert_20161219105923.jpg (お正月休み前の卵たち)

卵がふ化していました~!!↓

オレンジ色の栄養の袋をお腹につけた状態のサケを仔魚(しぎょ)と言います。

いくつかまだ卵のままの のんびりさんもいますが、ほとんが仔魚になりました

この仔魚たち、自然界だと石の下にいるんです。

なぜなら、お母さんサケは外敵から卵を守るために川底に穴を掘り卵を産み、オスが精子をかけたあとまた石を戻します。

DSC04485_convert_20170110151553.jpg (1月5日の水槽)

石と石の間でふ化した仔魚たちはお腹にオレンジの栄養の袋を持っているので、エサはいりません。

しばらくの間は石の下でじ~っとして大きく成長するのを待つのです。

なのに、うちの仔魚たちは私たちが観察するたびに右往左往して、泳ぎ回ってこんなに移動してしまいました

本来であれば、そ~っとしておけばいいのでしょうが、観察するのも仕事なので…

仔魚さんたち、ごめんね。

DSC04479_convert_20170110151344.jpg

卵がふ化するときに、サケは卵の中で「ふ化酵素」というものを出します。

「ふ化酵素」は卵の殻を少しずつ溶かすような働きがあります。

白っぽかった卵の殻がやがてほぼ透明のようになり、殻が薄くなったところで中の仔魚たちが自分たちの頭や尻尾を動かし殻を破って出てきます。

この記事の一番最後にふ化する瞬間の動画を載せておくので、良かったら見てください。

なかなかに感動しますよ。

DSC04461_convert_20170110151304.jpg

ふ化した後はこのように水面に泡が生まれます。

ふ化酵素によって水が汚れたためと思われるので、数日間は水槽の水の三分の一程度の水の交換をします。

ろ過機につながる水の吸い込み口には、ふ化して破れた卵の殻がいくつもついていました。

これも取り除いてきれいにします。

DSC04503_convert_20170110151637.jpg

お腹のオレンジ色の袋は「さいのう」と言います。

「さいのう」があるせいなのか、仔魚たちは体を横にして水槽の下にじっといています。

本来の魚のイメージとは違う姿なので、時々死んでいるんじゃないかと心配になることも…

じっと動かないで石の下に横たわっているのは、お母さんサケからもらった栄養をなるべく無駄に消費しないのと、敵に見つからないようにするための仔魚の知恵なのですね。

DSC04484_convert_20170110151516.jpg

皆さんには見えるでしょうか?

よく見ると「さいのう」に血管の赤い線が見えます。

水槽の中の仔魚たちは、ちゃんとドクンドクンと脈を打っているんです。

こんなに小さくても立派に生きている命なんだな~と感動しました。

お母さんサケは自分たちの子どもを見ることはできません。

なぜなら命を懸けて産んで、命がつきるまで卵を守ってそばにいるからです。

卵がふ化するのはお母さんサケが死んだずっと後の事。

でも、こうしておかあさんサケが持たせてくれた栄養で子どもたちは生きて、大きくなって、また海に帰って行きます。

命はちゃんと受け継がれていく…お母さんサケの代わりに この仔魚たちを全員川に戻してあげたいと思います。



2年前の飼育の動画ですが、ふ化の瞬間が写っています。お時間のある方はぜひ どうぞ~。

     


↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
12月16日(金)、待望のサケの卵が届きました~

旭川市内、近郊で育ててる人たちが毎年持ち回りで恵庭市まで取りに行き、市内で受け取っています。

私たちも数年後は卵を取りに行く係りに任命されるのですね~。

指定された時間に行くと、テーブルには卵が ど~ん!

DSC04416_convert_20161219104801.jpg

どうやらお隣の方は15000個の卵を受け取るようです

右側に見える白い発砲トレーの中に10000個、上の写真と同じような卵の袋が4~5袋ありました。

なんてすごい光景…

DSC04423_convert_20161219104916.jpg

そして、私たちが育てる卵は…というと

…ちょびっと… 少な…

いえいえ、お隣を見たから少なく感じますが、これが160匹のサケの稚魚になるんです。

決して少なくはないんです

DSC04419_convert_20161219104839.jpg

サケの卵は例年通り、排水溝に使われるネットに入って、水の中には入らずに届きます。

車で輸送の際に水の中だと卵がゆらゆら揺れて、ぶつかり合うと それがダメージになるんだとか。

水に入ってなくて、乾燥したり、息苦しくないの??なんて毎年思います

DSC04426_convert_20161219104959.jpg

2週間も前から用意していた水槽にさっそく入れます。

45センチの水槽に60個、60㎝の水槽に100個の卵を入れて育てていきます。

どうやって数を分けるかというと…ものすごくアナログです

DSC04430_convert_20161219105037.jpg

地味~に「1,2,3,4,5,6…」と数えながら そっと卵を入れていきます。

卵の下も水流が生まれるように鉢植えの下に敷くプラスチック製の網を設置しました。

大きな石は仔魚(しぎょ)になった時の隠れる場所として利用します。

DSC04439_convert_20161219105415.jpg

水に入ると少し周りが白っぽくなる卵たち。

卵の中に黒い点が見えるでしょうか?

これはサケの目で、よく見ると白っぽい背骨のようなものも見えます。

この状態の卵を「発眼卵(はつがんらん)」と言います。

DSC04434_convert_20161219105112.jpg

自然の川にいる卵たちはこの時期は川の石の下にいて、太陽の光に当たることはありません。

なので私たちのサケも(前回作った!!)黒いカバーで光を遮ります。

水温は6度に設定、ふ化の予定はお正月明けになります。

DSC04441_convert_20161219105923.jpg

卵が届いて3日目の朝、好き勝手に卵たちは移動していました。

写真左下や手前に数個の卵が見えますか?

発眼卵の卵たちはコロコロと自由自在…とまではいきませんが、動いて移動します。

まるで早く泳ぎたいよ~と言っているかのようです。

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は現在冬期間のため閉店しています。2017年4月29日に夏期営業を開始します。事務所勤務に戻ったスタッフAが大好きな旭川のことやスキーの事、美味しいお店の情報や家族の事、愛猫ユズルについてのんびり更新していきます。よろしかったらお付き合いくださいね~。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数