旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

先月の「さけ科学館」に行ったときの話がすっかり延び延びになっていました

今日は写真がたくさん続きます。

お付き合いよろしくお願いしま~す

023_convert_20141212130607.jpg

札幌市豊平川 さけ科学館

・住所     札幌市南区真駒内公園2-1

・開館時間    9時45分~16時45分 (月曜日休館日 祝休日の場合は次の平日)

024_convert_20141212130806.jpg

札幌市の中心部から南に約8キロほど離れたところに、自然豊かで大きな公園「真駒内公園」があります。

その公園内に「サケの科学館」がありました。

サケの勉強をするにはもってこいの場所ですね(入場無料というのがまた嬉しい

025_convert_20141212131215.jpg

見学の前に、私たちは「さけ科学館」の方と少しお話をさせていただき、飼育についての注意点やアドバイスを伺うことが出来ました。

初めてのサケの飼育、不安はいっぱいありますが、小さな命を守れるのは卵を預かる私たち次第。

川に放流できる可能性のパーセンテージを少しでも上げるため、一言も聞き漏らすまいとメモを取りながら勉強させてもらいました。

059_convert_20141212132447.jpg

飼育員の方の説明を聞きながら実際に「さけ科学館」を見て回ります。

入り口入ってすぐの展示コーナーには本物のサケの標本が置かれていて、上の写真はサケのオスとメスがまさに卵を産んでいる時の様子です。

十分に産卵の準備が整ったメスはまず卵を産むための穴を尾びれを使って掘ります。この間オスは一緒に穴を掘らずに、他のオスとメスを巡って闘ったりしています。

用意のできたメスは大きく口を開けてオスに合図を送り、ケンカに勝ち残ったオスがメスの横に並び、口を開けて返事をします。

メスは卵を、オスは精子を同時に出して産卵し、産卵が終わると、メスはすぐに卵を埋め戻します。

メスが卵を埋め戻している間、オスは他のメスを探しにすぐにいなくなってしまいます

055_convert_20141212131854.jpg

サケのメスは産卵するのに適した場所を見つけると、尾びれを使い石を動かし穴を掘ります。

そこにメスが4~5回に分けて卵を産み、産み終えると再び尾びれで石を戻し、全体で直径1.5メートルほどの石の盛り上がり(産卵床)を作ります。

サケの卵は石の表面から20センチほどの深さの場所に埋まっており、産卵を終えたメスは自分の卵を他のメスに掘り返されないように、その場所を死ぬまで守り続けるのです。

以前の記事で川で見た体が白くなっていたサケは、卵を産み終え、体や尾びれがボロボロになったサケママの姿だったのですね。

写真の中にオレンジ色の卵の場所を見つけることが出来ますか?

こんなに深いところまで掘って、埋め戻すなんて人間でも大変なこと。

他の魚に食べられないように、掘り起こされないように深く埋め戻すサケママの愛情になんだかジーンときました。

057_convert_20141212132102.jpg

サケのメスが自分の体を使って卵を産む場所を作っている時、サケのオスはメスの奪い合いのケンカをすることがあるそうなのですが、そのケンカの様子も書いてありました。

私がメスならケンカするくらいなら穴掘るのを手伝って!!とオスに言いたいような気もしますが…

このオスのケンカ、決着がつかないとせっかくメスの掘った穴をオスが埋め戻すこともあるそうで…

強いものが子孫を残していくという自然の掟なのでしょうか?

このケンカに勝ったオスのサケの体には婚姻色と呼ばれる赤紫色の縞模様がくっきりと現れます。

逆に負けたオスはメスとそっくりの模様に変わってしまいます。

064_convert_20141212132847.jpg

説明を聞いた後には、「採卵・ふ化室」で実際にサケのお腹から卵を取る所も見せてもらいましたが、長くなりますので次回に乗せたいと思います。(ひっぱる~ひっぱる~

展示コーナーの奥には実際に川の魚の飼育展示コーナーがありました。

魚を見るの大好き!!

私のテンションはMAX!

繧、繝ッ繝垣convert_20141212135703

小さな水槽の中には川魚がたくさんいました。いくつかご紹介しますね。

こちらの魚は「イワナ」です。川釣り大好きな我が家にはおなじみのお魚。

日本のイワナの分類はまだ確立されていませんが、アメマスとイワナに大別されるそうです。

繧、繝医え_convert_20141212135927

これは知っている方も多いと思いますが「イトウ」です。

日本最大の淡水魚で、北海道では絶滅危惧種に指定されています。

大きなものだと1.5メートルほどにも成長するイトウ、この施設の外の水槽に悠然と泳いでいました

073_convert_20141212133112.jpg

地下の水槽にもサケがたくさん泳いでいます。

こちらのサケは1歳のサケの仲間。

2年、3年と時を経るごとに体も大きく、顔もいかつくなっていきます。

それがたった一粒のあの小さな卵から…と思うと生命というものが不思議でなりません。

知っていそうで知らなかったサケの生態を詳しく聞いて、さらに興味が湧きました。

世の中はまだまだ知らないことで満ちている!!

新しい知識を得ていくことはとても楽しいです。

すぐに忘れてしまうのでブログに残しておこうと思います


私たちの事務所にサケの卵が来るのが16日の夕方と決まりました。

楽しみだな~

「さけ科学館」Part2、3もアップする予定です

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。ポチッと押して応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

子供の頃 家にあった百科事典で
サケの採卵と受精の様子を読んだ事があります
その頃はこんなんで赤ちゃん生まれるの?
って思った記憶が・・

サケは誰に教わった訳でもないのに
こんな事をして子孫を残す・・
うーんいじらしいですね
世の中では子供を虐待するような悲しい事が起きてるけど
動物の愛に学ばないといけない事ってあるような気がします

サケの飼育、楽しみですね
私も楽しみにしてます

おっといいちこの瓶
私はいい香りのするドライフラワーを詰めて
玄関先に置くとか・・ 笑

だんごさんへ

おはようございます(^^ゞ

本当ですね、サケは会うこともできない自分の子供たちを命がけで守っているのに、人間は何をしているんだろう?っていう悲しい事件が時々ありますね。
命はみな平等に与えれているはずなのに。

サケのことを勉強していくうちに、せっかくふ化した赤ちゃんを戻す川が汚いと意味がないんじゃないか?と考え始めました。
そんなこともこれから発信していけたらいいな~と思っています。
私のブログはすっかり魚色に染まってしまいました(笑)

フラスコビンにドライフラワー?
確かに液体だけしか入れられないわけじゃないですね?
なるほど、なるほど。
もう少しで飲み終わるのに最後の数センチの焼酎を急に惜しんで飲まなくなったパパさん。
いつ、ビンが空くのやら??

どこの世界でも、お母さんは子供のために頑張っているのですね。ジ~ン。(T_T)

喧嘩に勝った雄、負けた雄と模様が変わるって、おもしろい。
例えば、負けた雄がもう一度、別の雄にチャレンジして勝ったら、勝ちの模様になるのでしょうか?(?_?)

miyazyyさんへ

こんばんは~。

本当にね、卵を産む穴を掘っている時にケンカをするオスや、産み終わったあとにすぐ違うメスの所に行ってしまうオスの話を聞いた時に、ついつい舌打ちしそうになる自分が…(-_-)
いかん、いかん、サケの世界の話だった。
お母さんはどこの世界でも強く、がんばっているのですね。
虫の世界では、産むだけ産んでいなくなったお母さんの代わりにオスが子育てする…な~んていうのもいましたっけ?

miyazyyさんの想像通り、負けたオスでも他のオスに勝ったり、再びケンカしている時には婚姻色がでます。
負けた時にはもうこれ以上ケンカしませんよ~、戦意喪失しました~、みたいな感じで色が変わるそうですよ。
面白いですよね~。

さけ科学館懐かしく拝見しましたー
もう何年も行っていませんが
婚姻色のこと、そうそう!こんな名前だったわー
なんて楽しませていただきました。
水槽が来るのが楽しみですねー
↓パパさんのお誕生日おめでとうございますー
フラスコ型なんて素敵っ!
細い口の瓶を洗う時は漂白剤を少し入れて
口いっぱいに水を入れてつけ置きしておくか
食器洗剤プラスお水少しプラス粉々に砕いた卵の殻を入れてしゃかしゃか振るといいですよ。
こまかーく砕かないと後から取るのが大変になりますが。
パパさんが飲んでからのお話ですね(笑)

イヴままさんへ

こんにちは~。

イヴままさんは行かれたことがあるのですね?
私は初めて行きましたが、とてもおもしろかったです。

パパさんのお祝いメッセージありがとうございます。
ビンを洗うのに卵の殻が良いと聞いたことがありますが、一度も試したことがなく…この機会にやってみようかと思います。
パパさん、名残惜しそうに少しだけ飲まないで取ってあります…(-_-)
毎日、まだかな?まだかな?とフラスコを揺らしている私に気づいてくださ~い(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shopasahiyamapark.blog9.fc2.com/tb.php/530-b906e318

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は11月3日まで無休で営業しています。旭山動物園の中ではなく、外の旭山公園に建っていますよ。屋根のソフトクリームを目印に来てくださいね。お店の様子やメニューの紹介、スタッフのAのきままなつぶやきなど不定期の更新です。今シーズンもどうぞよろしくお願いします。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数