旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

昨日は市内の小学生と一緒にサケの放流をしてきました~

この日の天気は晴れ時々曇り、最高気温は5.7度の予報。

まずまずの放流日和となりました。




市内の小学生2校、5年生のみなさんが飼育したサケ約300匹。

小学生の皆さんはそれぞれ徒歩やバスでの参加のため、サケは私たちが小学校から預かることに。

水槽からバケツへの移動、車での輸送に細心の注意を払います

DSC_0514_convert_20150324113926.jpg

放流場所は旭橋のたもとです。

川の水温は5.5度。

数日前からサケの飼育水温を川の温度に近くなるように調節してもらっていました。(急激な水温の変化はサケが死んでしまいます)

DSC_0515_convert_20150324114057.jpg

放流前のサケの注意点は水温の急激な変化と 前日にはエサをあげない こと。

お別れだからとお腹いっぱい食べさせてあげたくなる気持ちはわかりますが、輸送中の水がフンで汚れ水質悪化を招く恐れがあります。

お水が汚れると、川に到着する前にサケが弱ってしまいますので要注意です。

DSC_0519_convert_20150324114550.jpg

川に到着したサケたちのバケツに川の水を半分ほど入れて、川の水と温度に慣れてもらいます。

太陽が出てきたので、バケツの水温が上がらないように私たちも注意して見て回りました。

写真では見ずらいかもしれませんが、雪の上にバケツを並べています。

土の上や、アスファルトの上にバケツを置くとあっという間に水温が上がってしまうことがあります。

DSC_0516_convert_20150324114432.jpg

15リットルのバケツの底に保冷剤をタオルで包んだものを入れ、その上からビニール袋をかけました。(ビニール袋を使わず、バケツに直接サケを入れる場合、新しいバケツは洗ってから使いましょう)

だいたいひとつのバケツに30匹ほどのサケを入れています。

バケツのふたには電池で動くエアポンプをつけガムテープで留めました。


DSC_0522_convert_20150324114704.jpg

ときどきサケの様子を見ながら小学生のみなさんの到着を待ちます。

川のお水を混ぜた後も、サケたちは元気よく泳いでおり一安心。

元気に海までたどり着くんだよ~なんて声をかけてみたりします

DSC_0523(1)_convert_20150324114824.jpg

プラスチックのコップを持った小学生の皆さんが到着しました

それぞれ川の水を少し汲んできてもらい、コップにサケを3匹ずつ入れます。

先ほどまでいいお天気だったのが急に曇りはじめ、風が強くなってきました

IMG_0041_convert_20150324113057.jpg

それでも小学生の皆さんは、きちんと並んでサケをコップに入れていきます。

そおっと、大事に、大切に…。

みんながお世話したサケたちが無事に海に戻れるように…。

IMG_0044_convert_20150324113301.jpg

寒くてお手手が袖の中に引っ込んでしまったけれど、コップはしっかり持ってます。

さぁ、とうとうお別れのときです。

この時にはなぜか強い風と雪が降ってきてしまいました

IMG_0045_convert_20150324113443.jpg

降りしきる雪の中、冷たい川に手を入れ、じーっとサケを見守る子どもたち。

サケはあっという間に川の奥の方に泳いでいき、見えなくなってしまいました。

4年後、この川にサケが戻ってきていたら、それはみんなが育てたサケかもしれません。

IMG_0059_convert_20150324113657.jpg

放流を終えた子供たちからは「川を汚してはいけない。ゴミを見つけたら拾いたい。」と多く聞こえてきた言葉でした。

「川にゴミを捨ててはだめです」と教えるより、子どもの心に直接響いたサケの放流。

きっと卵からふ化させて、お世話をすることもみんな初めての経験。

きっとこういった体験は子どもたちにとって本当に大事な経験の一つなのではないかと私も思えるお手伝いとなりました。

5年生のみなさん、寒い中での放流お疲れ様でした。

多くのサケが旭橋のたもとで見れますように…

↓ランキングに参加しています。ポチッと押して応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

放流って一言で言ってもいろいろ気を遣うもんなんですね
川に返す時はうれしくもあり寂しくもあったでしょうね
元気で帰ってきて欲しいです。
小学生の子達も命の大切さを学んだことでしょうね
その気持ちをいるまでも忘れず
立派な大人に成長してほしいもんです。
みっちゃんもお疲れ様でした(^-^)
もうすぐ本業に戻られるのかな?
がんばってね!(^_-)-☆

かのぼんさんへ

こんにちは、かのぼんさん。
今回の放流はうちのサケたちではなく、小学生の育てたサケでした。
なので、泣かなかったけど、私の育てたサケとのお別れのときには泣くかも…(T_T)
うちのサケはまだ放流できる大きさに育っていないので、もう少し成長してから放流する予定です。

もうすぐソフトクリームの仕事に戻るのに、事務所が楽しすぎて頭がなかなか切り替わりません(+_+)
このまま事務所に居座っちゃお~かな~(笑)
ちゃんと今年もお客さん来てくれるのかな~とか心配はいろいろありますが、楽しみでもあります。
早く雪が融けないとお店が開けられないんです。
春が待ち遠しいです~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今晩は♪

こういうのってよくTVで観ますね~
私には経験がないんですが、、、

子供たちにとって、いろいろ勉強になりますね

放流するまでの過程も難しいんですね
簡単に思ってました

無事に育って、美味しい鮭になってね~(こらっ!)

鍵コメさんへ

のちほどそちらに伺いますね~(*^^)v

豆兄弟の母さんへ

子供たちは横殴りの雪の中、寒いのを我慢して放流していました。
なぜ放流の時だけ、吹雪だったのか…(~_~メ)

こんなにたくさんのサケを放流しても戻ってくる率は意外と低く3~5パーセントと言われています。
でも、サケって私の中ではお安い魚のイメージ。
庶民の食卓を支えてくれていますよね~。

イクラはなかなか食べることないけど(T_T)

ボーリング大会5位おめでとうございます!
筋肉痛にはなってないですか?(笑)
私は放流作業で筋肉痛になりました。
しかも一昨日のことなのに今日痛い…。

ただ単に「河を汚さない」と教えるよりも、「なぜダメなのか」を知る方が、子供たちの心に響きますね。(^v^)

ニュースなどでサケの放流を見ますが、移動など様々なことに気を使った上での放流なんですね。
縁の下の力持ちがいてこそのことだったんですね。

風が強かったことも、雪が降ってきたことも、きっと子供たちには想い出に残る放流でしたね。(^・^)

サケの子供達
いよいよ旅立ちだったんですね

そう魚って温度で弱ったりしますもんねー
これは昔飼ってた金魚でも
同じような事を拘ってました

子供達にもいい学びの場になったと思います
こんな取組み素敵ですね

自分の子供も大切に育てて
社会に放流して・・
立派な大金持ちになって還ってきてくれる
そんなのないですかねー 笑
ちょっとワタシ汚れてますね 笑

わぁ(*>∇<)ノ

こんばんはヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鮭が とっても成長してる☆
成長って、早いですね〜♪

子供達の真剣に授業している姿、コップに鮭が入っているのを両手でしっかり持っている姿を見て 感動します!!
だって、大事に育てて来た鮭の授業ですもの〜〜\(^o^)/
Shop Asahiyamaさん お疲れ様です!!

miyazyyさんへ

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、まさにその通りだな~と思いました。

動き回る小さな目の前のサケを実際に自分が冷たい川の中に放流するという、五感をフルに使う経験はきっと子どもたちの心にたくさんの感情を残したと思います。
たくさんの経験を重ねた子供たちが大きくなっていくのが私にはとても楽しみです。

だんごさんへ

こんにちは。

うちのサケたちはまだ小さいので放流してないんですよ。
同じ日にもらってきたサケを小学校にお分けして、育ててもらった分を放流してもらいました。

サケを育ててる時に私もだんごさんと同じこと考えましたよ(ニヤリ)
どの子が出世魚かな?みたいな(笑)
うちも息子3人いるので同居するならどの子が一番?とか。
お金がある子がいいか、優しい子がいいか…ハッ!いかんいかん、つい妄想の世界に入ってしまいました。
実際は家を出たら子どもたちは戻ってこないのよね~。
さみしいわ~(笑)

桜ようかんさんへ

桜ようかんさん、こんにちは~。

去年までうちの子も小学生だったけど、こんなにしっかりしていたかな~?と思う位、みなさんしっかりした5年生でした。
春からは最高学年の6年生ですもんね。
しっかりしていて当然ですよね。

放流終わって子どもたちが帰って行くときに、口々に「ありがとうございました~」と言って帰ってくれました。
準備とか色々大変でしたが、たったその一言ですべて吹き飛んでいきましたよ。

私が育てたサケはもう少ししてから放流です。
自分の育てたサケはまた一段と思い入れが…(笑)
みんな大きくなって帰ってくるといいな♡

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shopasahiyamapark.blog9.fc2.com/tb.php/561-7afc4359

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は現在冬期間のため閉店しています。4月29日より今シーズンも営業開始です。旭山公園の桜の開花情報や山野草のお知らせ、メニュー豊富なソフトクリームの話題など随時更新していきます。時々、スタッフAの気ままなつぶやきも混じっております。笑ってお付き合いくださいね~。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数