旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

こんにちは

土曜日の「カムイの杜」のイベントは無事終了しました。

たくさんの方にお越しいただき本当に嬉しく思います

午後から風が強くなり、少し寒かったのですが私自身も楽しみながらイベントのお手伝いをすることが出来ました。

来てくださった皆さんも いい思い出になっているといいな~

繧オ繧ア豌エ讒ス_convert_20160125134027

さて、ふ化してから もうすぐひと月になる サケたちの様子です。

オレンジ色の栄養の袋「さいのう」は少しずつ小さくなってきました。

前回の記事でも書きましたが、サケたちは生まれてからの水温を毎日足していった温度(積算温度)でふ化の日にちや稚魚の日にちが おおよそ決まります。

卵がふ化する積算温度は480度と言われています。

さらに仔魚から稚魚になるのも480度。(水温を8度に設定するとふ化してから60日後に稚魚になるという計算です)

DSC_8099_convert_20150121110409.jpg

ふ化して約30日しか経っていないのに、お腹の「さいのう」が減りすぎているんじゃないかと心配です。

去年は毎日 観察していたことで本来泳ぐことのない仔魚(自然界では石の下にいます)が、たくさん泳ぎ過ぎて「さいのう」の減りがものすごく早かったということが起きました。

今年は水槽を黒い囲いで覆い、なるべく観察も少なくするという対策を取っています。

仔魚たちが 泳いで運動するのをなるべく減らし、成長するために「さいのう」を使えるように工夫してみました。

放流に適した大きさは体長が5センチ、体重が1グラムです。

001_convert_20160125135217.jpg

写真では見づらいですが、今のところ体長が2.3~2.4センチと言ったところでしょうか?

仔魚たちは泳ぐときには、この「さいのう」を下にして、とても素早く泳ぎます。

水槽に明かりをつけないで暗いままにしていると、サケたちはまるで寝ているように横になって水槽の下でじっとしています。

「さいのう」の減りも個人差があり、早く「さいのう」が減っているサケたちにはパーマークが見られます。

パーマークとは体の横に現れる黒い点の模様のことです。

DSC_8241.jpg


このパーマークは降海のタイミングに合わせて体から消えていき体色が銀色に変化します。

これを「スモルト化」といいます。

魚の体長を測るときには全長と、標準体長、その他に尾叉体長などの決まりがあります。

下手な絵を書いてみたので、参考にしてください。

サケやマスの仲間に見られる あぶらびれも書いておきました。

もし、お魚屋さんで大きなサケを見ることがあったらこのあぶらびれを確認してみてください。

繧オ繧ア_convert_20160125120139

今はまだお腹についている栄養の袋「さいのう」ですが、これがある間はエサをあげると消化できずにサケたちは死んでしまいます。

なので、エサをあげるタイミングがとても重要になってきます。

サケたちの成長を見守りつつ、「さいのう」の減りにも注意する。

今のところの大きな仕事はこの二つ。

みんな無事に大きくな~れ~




旭川市の土木部公園みどり課で「サケの観察日記」が公開されています。

こちらも とても勉強になるのでリンク貼ってみました。

小さなお子さんには こちらの方が読みやすいと思われます。

良かったら見に行ってくださいね~ →サケの観察日記

ポチっと押してね!↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

鮭の赤ちゃん産まれましたね。
さいのうが無くならない様にしたり
エサのタイミング等
細かい配慮が 色々必要なのですね。

息子が鮭の絵を書いています。
さっきは卵のシーンを書いていました。

本物みたら 感動するだろうな。

個人的に「待ってました!」のシャケナベイベー観察日記(^^)
成長過程を学ぶことはオンライン・オフライン様々な方法でできますが、リアルタイムに日数がかかることを意識しながら見られると、生き物が育つという事がより実感できる気がします。

そしてイラストがとてもお上手…!
ソフトが漏れてうどんの湯切りもできる上に絵心もと、ShopAsahiyamaさんの多才さが羨ましいですね。

caelさんへ

おはようございます、caelさん。

旭川は川の街ともいわれるくらいにあちこちに川が流れています。
身近な川について勉強したり、川にサケを戻そうという事業の一環のお手伝いをしています。
息子さんの絵、ぜひ見てみたいです。
昔、うちの子たちが小さかった頃、サケの絵を書かせたら切り身の絵を書いた人がいた…という話もありました。
知っていそうで知らないサケの生態。
本物を見せることって、子どもたちにとって大きな大きな学習の一つですよね。
私も育てながら驚きの連続です。

アントワネットさんへ

おはようございます、アントワネットさん。

サケの記事を待っていてくださるのは嬉しいです。
難しくなり過ぎないよう、でも、知ってそうで知らない情報を…と思いながら書いています。
確かに成長するのに時間がかかるので日数開けて書いていますね。
生き物が育つというリアルさ…なるほどですね(*^。^*)

イラスト…お恥ずかしいです。
パソコンで書くやり方もあるのでしょうが…うまくできなくて手書きをスキャナーで読み込みました(笑)
多才だなんて…とんでもないですが、文章で説明が難しかったので絵にしてみました。
褒められたので今年はちょっとイラスト多めで行こうかな?(笑)

ラムレーズンサンド、どこにもないですね~(T_T)
MOWを食べてみます。

こんにちは。お邪魔します。
鮭さん、孵化からこういう風に成長されてゆくんですね。
泳ぎ過ぎて栄養蓄え減らさないように色々努力されてることもこちらで初めて知りました。
みんな元気で順調に育って放流されますよう!
イラストで とてもわかりやすくご紹介して下さり、
「あぶらびれ」 今度見たら注意してみます(*^^*)

おきまちあきさんへ

おきまちあきさん、いつもありがとうございます。

イラストだなんて言っていいものかどうかの代物ですが、グイグイと書いてしまいました(笑)
去年は毎日張り切って観察していたら、電気つけるたびにビャーっとみんな泳いで予定より早くにさいのうがなくなってしまいました。
なので今年は水槽を暗くし、敢えて毎日観察しないでそ~っとしておくことにしました。
それでも右と左の水槽ではサケの大きさが違います。
難しいものですね。
「あぶらびれ」捕獲調査であぶらびれを切っているサケもいるとのことです。
ない場合は稚魚の段階でわざと切られたサケの可能性があります。
他にはマスなどの魚にもあるそうですが、なかなか魚屋では見かけませんよね~。

また今年もサケの季節がやってきましたねー^^
この2年ですっかりサケの先生ですね(*^_^*)
酒の先生ちゃいますよ(笑)
こうやって知識を持って見ると面白いもんでしょうね
これからの成長が楽しみですね(^-^)

かのぼんさんへ

かのぼんさん、こんにちは~。

今年もまたサケの季節がやってきてますよ~。
酒の季節は年がら年中(笑)
サケの知識を少しでも多く持つことは川に帰してあげられる率を高めて上げれるのではないかな~?と思って勉強しています。
勉強しても、忘れちゃうことが多いこのごろ…(T_T)
かのぼんさんのように目標もって試験まで受けるほうがすごいですね。
あと2か月もすればまた川に放流となります。
短い期間ですが愛情いっぱいで育てていきたいと思います。

こんにちは~。

鮭のあかちゃん、こういうふうに育っていくのね。
あの模様はパーマークと言うんだー。
それにしてもAsahiyamaさん、イラストがお上手!

「さいのう」、そういう働きがあるのですね。
うん、鮭の赤ちゃんて、
才能(さいのう)、ある~!
なんて、シャレてみました(;^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう一ヶ月経つのですね。
なんだかとっても勉強になります。
(ただ、名前が覚えられないかも~~笑)
さいのうだけ、覚えられるかな?笑

無事にすべての子が無事に育ちますように!

カムイの杜イベント
お疲れ様でした。
Shop Asahiyamaさん自身も
楽しんでお手伝いされたと書かれてましたので
きっと参加してくださった方みんな楽しいひとときを
過ごせたのではないかと思います(●´ω`●)

サケさん達のレポもありがとうございました✨
なかなかこうやって成長を見ていくという機会がないので
興味深く読ませてもらってます(^^ゞ
詳しく説明してくださってるのも
有難いです(〃゚∇゚〃)

そして お忙しい中ブログの方に
コメント ありがとうございました♡
昨日 早速お返事書いたのですが
タイトルのところに
Shop Asahiyamaさんのお名前を
入れ忘れてしまいました。
すみませんでした。
ちょっとわかりにくくなってしまいましたが
ちゃんと読んでいただけてたら 
うれしいです+。(〃・ω・〃)。+゚・.

冷凍SANMAさんへ

冷凍SANMAさん、おはようございます。
返信遅くなってごめんなさい。
昨日は土曜日のイベントの振り替え休日をいただいていました。

冷凍SANMAさんにイラスト上手なんて言われるととってもお恥ずかしいのですが、文章でうまく説明できなくてグリグリと絵を書いてしまいました。
自分でも まさかサケを飼育することになろうとは、こんなに勉強することになろうとは、まさか絵まで披露することになろうとは思ってもみませんでした(笑)
なせば成る…ですね(*^。^*)
サケの赤ちゃん、「さいのう、ある~」っていいですね(笑)
今度ブログで使わせてもらおっと(笑)

鍵コメさんへ

今、そっち行くわ!!待ってて~

amiさんへ

こんにちは~、amiさん。

月日が経つのは早いですね。
手元に届いた時には卵だったのに、今は自由自在に泳いでいますよ。
命って育つって不思議ですね。
難しい漢字や、読み方はなるべく振り仮名をつけようと思っていますがb、すぐ忘れちゃって…ごめんなさい。
読めない字とか疑問とか良ければコメント欄で教えてくださいね。
あまり難しすぎないよう、でも、簡単すぎないような内容で書いていこうと思っています。
オレンジの栄養の袋=さいのうって覚えてくださっただけでもとても嬉しいです。

本当にすべてのサケたちを川に帰してあげることが、サケのお母さんから卵を預かった私たちの責任。
これからもがんばりますね~。

みけさんへ

みけさん、こんにちは~。

コメント、名前がなくてもちゃんとわかりましたよ~。
わざわざ、ありがとうございます(*^。^*)

サケの記録もせっかく育てているのだから…とみなさんにも知ってもらおうと書き始めたのですが、なかなか奥の深い魚で、毎年新発見がある(単に去年を忘れてる?)魚たちです。
もともとは魚を見るのが大好きなので実はとても楽しみに飼育しています。
毎年川に放流してお別れするのが寂しい…。
でも、サケたちはずっと水槽で飼っておくことは出来ないそうで…。
そうですよね、自然界の広い世界で生きていくほうがサケたちだって幸せですよね。
さみしいけれど、あと二か月大切に育てます。

今度はオレンジの「さいのう」がなくなる頃にまた書きます。
良かったらお付き合いくださいね~。

今年もサケたちは元気に育っていますね。

スキー、残念でした。
涙がこぼれる気持ち、分かります。

娘も全国大会を逃してくれましたから。
まわりの支えに応えてほしかった。
だけど、精神面も含めて、それが今の実力だと話しました。
すぐにつかめる夢はおもしろくないよって。

もう、小学生の大きな大会はなくても、練習のない日も別練習へ通っています。

子供達は、いろんな事を経験しながら、大きく大きく育ってくれていますね。(*^_^*)

こんにちは、miyazyyさん。

miyazyyさんも同じような経験をされてましたね。
本人よりも親が、周りが一緒に全国を夢見て、手が届きそうなのに届かないあの悔しさ…わかっていただけますよね。
本当に親の方が夢中になって夢を見ました。
一瞬でも見れたことは幸せと呼べるのでしょうが、行きたかった…全国。
そう、周りの支えに答えてほしかった…そう思います。
その全国大会が来週、富良野で行われます。
見に行くことはできませんが、できれば勝ち抜いた選手が素晴らしい滑りをしてくれることを心から祈っています。
そして、もしもう一度来年チャンスが巡ってきたら絶対に再チャレンジしたいです。
子どもたちのおかげで子どもも私も色々な経験をさせてもらっています。
ありがたいですね。
みんなみんながんばっているんですよね。

サケたち大きくなったでしょう?
去年、一度飼育しているはずなのに、色々と忘れているから資料を何度も目を通して勉強し直しています。
もう、三男に一度習ったら忘れない!なんて言っていた私ですが、人間は忘却の生き物だなぁなんていいながらお世話しています(笑)



こんばんは Shop Asahiyamaさん
イベントお疲れさまでした。
寒かったでしょう。
お風邪には気を付けてくださいね。
スキーの全道大会も本当にお疲れ様でした。
三男君の気持ち、お母さまの気持ちを想うと
涙が溢れてきます。
周りの方の応援やサポートも
胸が熱くなりますね。
子供の経験をこうして親も一緒に関われることは
ありがたいことですね。

ほぼ毎朝鮭を食べておりますが、命の成長を見ると、手を合わせたくなります。
感謝していただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イヴままさんへ

こんにちは、イヴままさん。

コメントありがとうございます。
いつもスキー場にいるので外にいるのは慣れているように思いますが、テントの中とはいえジッとしていたイベントは足先が冷たくて冷たくて…。
それでもお客さんと関わることが出来て楽しい一日でした。

どんなスポーツでも一人ではできないんだよな~と改めて思った全道大会。
本当は応援してくれた皆さんに全国への報告をもって恩返しがしたかったのですが、それは次回のお楽しみになってしまいました。
一生懸命に何かに打ち込めることはとても幸せなことなのですよね。
たとえ結果が悪くても必ず何か得るものがあったと思います。
親の私たちも子どもを通じてたくさんの人と知り合いになり、一緒に泣いたり笑ったりできる経験をさせてもらっていること感謝です。
来月はテイネで行われる大会に行きます。
きっと強い子ばかりが集まるので足元にも及ばないかもしれないけれど、いつか必ずいい報告ができるように前を向いて進み続けます。

マウントエレファントさんへ

こんにちは、マウントエレファントさん。

我が家も一番食卓に上がる率の高い魚です。
なのにどうやって卵を産むのか、なぜ海と川を行き来するのか、わからないことばかりでした。
調べてみるととても面白い魚です。
川に放流するまでもう少しお付き合いいただければ…と思います。

鍵コメさんへ

応援しています。
できれば飛んで行って力になってあげたいくらい(笑)
続報お待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shopasahiyamapark.blog9.fc2.com/tb.php/699-c5d542d2

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は現在冬期間のため閉店しています。4月29日より今シーズンも営業開始です。旭山公園の桜の開花情報や山野草のお知らせ、メニュー豊富なソフトクリームの話題など随時更新していきます。時々、スタッフAの気ままなつぶやきも混じっております。笑ってお付き合いくださいね~。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数