旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

3月に入り、放流の時期が近づいてきたサケたちです

エサを食べだしてから成長のスピードがグンと上がったように思います。

エサはサケ・マス専用のエサを一日2回与えていますが、朝、出勤して水槽を覗くとこんな感じに…

真ん中の黒い点々はサケたちのフン。(水槽の水流の関係でここの場所に集まるようです)

たくさん食べて、たくさん出したね~と言いながら水替えをします

001_convert_20160308102541.jpg

サケが100匹入っている水槽には水が約 60リットル入っています。 

先ほどのフンを一日一回取り除くために、だいたい5~7リットルくらいの水を吸出し、新しいお水を入れます。

取り換え用のお水は数日前から汲んでおき、カルキを抜いたものを使用します。

DSC00352_convert_20150305100921.jpg

フンを吸い取るポンプには魚の吸い込み防止用の網はついているのですが、さらに排水溝用のネットもかぶせました。

水槽の掃除をしていると、サケたちは逃げもせず、なぜか近づいてきて

「あ~れ~、す~い~こ~ま~れ~る~」となるサケが続出

体に傷をつけたら困るので、安全のための排水溝用ネットです。

危険なものを認識し逃げたりしないと 自然界に行っても大丈夫なの?と心配になりますね

DSC_9407_convert_20150305100451.jpg

日が経つにつれ、泳ぐ力もついたのか、水槽の真ん中~やや上で泳ぐ姿を確認できます。

エサをもらえる…というのがわかると今年のサケたちは水面近くまで浮上して待っているようになりました。(去年のサケには見られなかった現象)

なぜ、去年のサケたちは水面でエサを待たず、今年のサケは水面近くで待つのかということについては、エサの違いではないかと思われます。

去年も今年も どちらも「さけ・ます用」のエサではあるけれど、今年は去年とは別の所から取り寄せたためにどうやらエサに違いがあるようです。

あきらかに去年より水の上にエサが漂っている時間が長いです。

002_convert_20160308102628.jpg

去年は水に入れるとすぐに水底に沈んでしまっていたエサが今年はなかなか沈まないために サケたちは水面近くで待っているのではないかと思われます。

そして、面白いのはサケたちは必ず水の流れに逆らうようにエサを食べます。

想像してみてください。

サケたちは上流にむかって口を開けている状態です。

水槽のいくつかできる水の流れの所にみんな同じ方向を向いて常に泳いでいます。

004_convert_20160308102805.jpg

ふ化して約72日目の現在、体長は3センチほど。(大きいサケは4センチくらいありそうです)

エサを早く、多く食べるサケは大きく成長するのが早く、ゆっくり食べるサケは少し小さめで体も細いように見えます。

差が出来てしまうのは仕方のない事なのでしょうが、ついつい小さなサケを応援したくなりますね

今はこうして毎日決まった時間にエサをもらえている彼らが自然界に行くと自分たちの力でご飯を食べなくてはなりません。

ちゃんとご飯食べれるのかな~?

数年後に独り立ちするであろう我が家の息子たちと なんだかだぶって見えてしまうのは私だけでしょうかね~。

荒波にもまれても、がんばって生き抜くんだよ~なんて声をかけて しんみりしちゃう私がいます

008_convert_20160308102952.jpg

今回は去年のブログでアップしたサケのエサやりと水替えの様子を動画で貼ってみますね。

お時間のある方はどうぞ見てください。

私が水替え&エサやりをしています

        

さらに前回、HPリニューアルで見れなかった方もいたようで申し訳ありませんでした。

再び旭川市土木部公園みどり課のサケの観察日記が更新されていたのでリンクしておきます。

かわいいサケのイラストでエサの食べ方を紹介していますよ。→サケの観察日記

↓ランキングに参加しています。ポチッと押していただくと現在の私の順位が見れます。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

子供の姿とサケの姿が重なる・・。
なんだか納得です。

公園で動物にエサをあげたりする時も、食欲旺盛さんはいつも人のエサまで取りに来ちゃう。
ついつい、弱い方へあえてエサをあげたくなりますね。
みんな平等にねって。
だけど、自然は違いますもんね。
小さな子たちも、立派に大人のサケになって帰って来てほしいものですね。(^^)

miyazyyさんへ

こんにちは、miyazyyさん。

快適な水槽生活から、急に波も激しく、天敵なども多くいる自然の川に放流するサケをついつい大学生2人の息子たちに当てはめてしまいました。
あんなに大きく成長していても、心配の種は次から次へと出てくるものです。
子どももサケも。
食べることの上手な子、アピールの上手い子、要領のいい子、それぞれどこにでもいますね。
そうじゃない子もいて、大人しい子にどうしても目が行きます。
それが自然の掟とわかっていても、みんながんばれ、負けるな~と思うんです。
一匹でも多くのサケが旭川の川に戻ってきてくれることを願ってやみません。

風邪は大丈夫ですか?
インフルエンザでなくてよかったですね~。
まだ、本調子じゃない時にインフルエンザにかかる人もいるようです。
用心してくださいね~。

こんばんは~。

サケの赤ちゃん、大分大きくなりましたね。
お世話している Asahiyamaさん。
きっとお母さんの様な気持ちで接しているのだろうなぁって^^
「ついつい小さなサケを応援したくなります」
この気持ち、分かります~(;^-^)
無事、巣立ってほしいですね。

こんばんわ、Shop Asahiyamaさん。

順調に育ってますね、サケくんたち。
しかし随分手間がかかっているようですね。
さてさて、温室育ちのこの子たちの行く末やいかにってところですね。
放流の時は子供を東京へでも送るような気持ちなのでは(⌒-⌒)
こればかりは追いかけられませんからね~
この記事からもShop Asahiyamaさんの親心、感じられていいですね~。

食欲旺盛で大きな子と粗食で小さな子、自然界で生き延びやすいのはどちらなのでしょうかね?
体が大きい方が強いように思いますが、小さい方が餌が少なくても生きられるような気も…
外敵から見たら、丸々太っている方が美味しそうでしょうし(^^;)
みんな~快食快便で立派なシャケになるんだぞ~!

冷凍SANMAさんへ

おはようございます、冷凍SANMAさん。

ついこの前までくるんとした卵だったのにもう自由自在にお魚として泳いでいる…サケってすごいな~と感心してしまいます。
そうですね、気づけばお母さんのように、ご飯だよ~、掃除するよ~、もう電気消すから寝なさいよ~と声をかけてしまいます。
大きい体の要領のよい魚じゃなく、少しのろくて小さな魚はもしかしたら不器用な自分と重ねて見ているのかもしれません。
遅くっても、要領悪くってもいいんだよ~みたいな。
たくさん雪が残っている川に今月末と来月頭に放流をします。
たくさんのサケがこの旭川に戻ってきてほしいな~と思いますね。

okokkeitarouさんへ

おはようございます、okokkeitarouさん。

熱帯魚を飼っていた経験から、たぶん、こんなに手をかけなくても大丈夫ではないかと思うんです。
ただ、放流の行事を楽しみにしている人たちがたくさんいるので、万が一のことがあってはならないと思うので、出来うる限りのことをしています。
そして、我が家も来春に大学生二人が卒業を迎えます。
さらに進学するのか、就職するのか今年決まるのですが、独り立ちするときがとうとう来たのかと今からドキドキしているわけです。
東京なんて遠いところに行ってしまったら、カバンの中にこっそり入ってついていきたい…(泣)
子離れしなくちゃなりませんね。
ううう、できるかな~(T_T)

アントワネットさんへ

おはようございます、アントワネットさん。

まさか、アントワネットさんから「快食快便」などというお言葉を頂けるとは…光栄でございます(笑)
パソコンの前で吹き出しましたよ。

アントワネットさんのコメントを見て、小さい=弱いではないかも…と思いました。
そうですね、確かにそのとおり。
生きていく力は体の大きさでは決まらないのかも。
そう思うとなんだか少しだけ安心して放流できますね。
みんな元気に大きくな~れ~。

asahiyamaさんとリンクしました。
フン繋がりです。

こちらの記事を読ませて頂いている時
魚好きの息子が覗いて来ました。
なので
「鮭を卵から育てていて、放流するんだよ」
と説明をしたら
「図鑑には 勝手に魚を逃がしちゃいけないって書いてあったよ」というので、
「個人では駄目なんだよ 云々・・・」と 説明をしました。

実体験をしていないので、感覚が少し分からない様です。

caelさんへ

こんにちは、caelさん。
確かにフンつながりですね(笑)

息子さんのコメント、なるほど確かにそうだ…と思いながら読ませていただきました。
なぜ、飼っているのか、どうして川に放流するのか、私は仕事だからと不思議に思うこともなく育てていましたが、子どもさんからしたら不思議なことですね。
ちょっと調べてみたいと思います。
大人になるとあんまり、なぜ?どうして?と考えなくなってしまいますね。
発想がすごくいいな~と新鮮な気持ちになりました。
どうもありがとうございます。

↓かえってお気遣いさせてしまってすみません。
普通は「○周年」と書くのでしょうから、やはり私の書き方の問題です。失礼いたしました。


巣立ち行くサケに、お子さんたちの将来を重ね合わせておられるShop Asahiyamaさん・・・・・・。
そうでしたか・・・後1年で、みんなで宴会もできなくなるのかもしれないのですね。
お子さんたちの成長は、うれしいことなのですが、
反面さみしさもありますよね。

うちも、来年、娘が小学校卒業です。
Shop Asahiyamaさんのところは、3人のお子さんが、
それぞれご卒業なのですね。
感慨深さもまた、ひとしおですね。

3人のお子さんたち、それぞれ心優しく、ご立派に成長されていらっしゃいますから、どんな道に進まれても、必ず幸せをつかみ取れますよ☆☆☆

サケさんたち、優しいお母さんに育ててもらって幸せですね^^

はあとちゃくらさんへ

こんにちは、はあとちゃくらさん。

いいえ、いいえ、私が読み違えたんですよ、気になさらないでくださいね。
そうなんです、長男はとうとう就職です。
まだ就職も決まっていないのでどうなるかはまだわからないのですが、できればお金の面を考えたら家から通えるところに就職したいと言ってます。
でも、いつかは家から出ていく現実に…むきあわなければ…。
子離れしなくちゃ…。
二男は卒業かそのまま進学かまだ未定なので、どうかな~?
三男はまだ高校生だから少し猶予があるのかな。
みんなで宴会…幸せな時間ですね。
子どもたちに感謝しなくては…。
あぁ、子離れしなくちゃ(T_T)

こんばんは。
とっても楽しみですね。
水の流れに向かってい流のは、これから待っている、かわの流れへの自然の予行練習なのでしょうか?

みんな無事に育って欲しいですね。

amiさんへ

おはようございます、amiさん。

北海道、寒いでしょう?
風邪ひいていませんか?
サケたちが水の流れてくる方へ向かって泳ぐ…自然界でも上流に向かって泳ぎます。
そういえば、川釣りに行くとエサは上流から下流へと川の流れに沿うように自然な感じでエサを釣竿から垂らすのです。
それはきっと、上流に向かって泳ぐからなんでしょうね。

もう少しで放流です。
あっという間の飼育期間です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shopasahiyamapark.blog9.fc2.com/tb.php/711-158dca11

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は現在冬期間のため閉店しています。4月29日より今シーズンも営業開始です。旭山公園の桜の開花情報や山野草のお知らせ、メニュー豊富なソフトクリームの話題など随時更新していきます。時々、スタッフAの気ままなつぶやきも混じっております。笑ってお付き合いくださいね~。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数