旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

こんにちは

今日はいいお天気で太陽が出ている時間はポカポカと紅葉狩り日和でした。

「もう、これで今年は最後かな?」と来てくださった つなぎを着た4人組の男性はメガ盛りのチョコレートを食べていただきました。

11月3日までお店は営業していますので最後と言わずにどうぞまたご来店くださいね

DSC05292_convert_20171020151347.jpg

お店の周りのたくさんの落ち葉は集めて腐葉土を作ります。

旭山公園のスタッフさんが葉っぱを集めるとあちこちに落ち葉の山が出来ました。

DSC_1018_convert_20171020151233.jpg

旭山公園をボランティアでパトロールしている方から「落ちていたよ~」と山ブドウが届きました。

一粒食べてみると、ん?!甘酸っぱくて美味しい!

山ブドウは霜が当たってからの方が甘みが増すそう。

今年はドングリが少ないようなので、山の動物たちの貴重な食料となりますね。

DSC_1019_convert_20171020151257.jpg

お店の営業も残り2週間となり、品切れが出始めてきました。

缶飲料などは今ある分で販売終了です。

ジュースも無くなったら売り切れとなるものが出てくるかもしれませんのでご了承ください。

DSC05293_convert_20171020151411.jpg

毎年、一番最後に赤くなる紅葉がきれいに1本残っています。

周りの桜はすっかり葉が落ちてしまいました。

DSC05294_convert_20171020151436.jpg

この木が赤くなって葉が落ちるころ、毎年のお店の営業が終わる頃です。

きれいだけれど寂しいな~

DSC05295_convert_20171020151512.jpg

少しずつ、お店の大掃除を始めたり、片づけや在庫のチェックをしています。

あのお客さんはもう来ないのかな?

今年はタイミング合わずにあのご家族とは会えてないな…そんなことを思いながら日々過ごしています。

閉店までにどうかまたみなさんに会えますように…

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
先日、仕事帰りにコンビニに寄った時の事。

隣のレジで大きなスーパーの袋を店員さんに渡している女性の方いました。

「これ、うちで採れた野菜。食べる?」とお客さん。

「え~!?いいんですか~?ありがとう~!」と店員さん。



数あるコンビニの中でも、ここのスタッフさんいいな~と思っていた私は心の中で「やっぱりね~」と思っていました。

お客さんの出入りも激しく、テキパキと仕事をこなしながらも、接客には笑顔と心がこもっている…といつも感じていました。

きっと私が感じていたように女性のお客さんも感じていて、買い物に来るたびに顔なじみになり、家庭菜園のお野菜をスタッフさんにプレゼントしたのでしょう。

私はそこまでスタッフさんと仲良くはないけれど、気づけば足が向くお店で、用事を足すついでがあるならここのコンビニにしようか…と選んでいました。

自分の買い物を終えて、お店を出るときになんだか私まで笑顔になる出来事でした。




家に帰る途中、私がこうしてコンビニを選ぶということは、うちに来てくれているお客さまもソフトクリーム屋を選んで旭山公園売店に来てくれているんですよね。

旭川市内からかなり遠く、しかもうちのお店の3キロ以内にはソフトクリーム屋が10件ほどひしめき合う激戦区。

その中でソフトクリーム屋として生き残っていくには、どうしたらいいのだろう?と考えたときに、「お客様が足を運びたくなるお店づくり」なのかな~?と思いました。

もちろん、ここでしか食べられないソフトクリーム…というのも魅力の1つではあるけれど、

「ソフトクリームも美味しいけれど、あそのこのお店に行ったら、なんか元気もらえるよね~」とか、

「毎月変わるフレーバーのソフトクリームを食べるのが楽しみなんだ~」とか、そんなことを言ってもらえるお店でありたいな~と私は考えます。

それってソフトクリームの味も大事だけど、スタッフの存在というのもとっても大事で、もう一度あのお店に行こう!と思う最後のスパイスはスタッフが握っているのではないかと。

美味しいソフトクリームを販売するのは当たり前で、ソフトクリームにプラスONE、スタッフの笑顔だったり、元気だったり、丁寧な接客だったり…が重要で、そのプラスONEの何かがうちのお店を支えていく大事なものなんだと気づきました。

プラスONEはスタッフそれぞれの持ち味でいいと思うんです。

自分の得意な所でお客さまと接して何かをお届けしていけたら…。

物をお金に変えるだけでなく、心も一緒に届けるスタッフの人となりがとっても大事…そんなお店がこれからの時代は伸びていく、そんなことを家に着くまで考えました。

ちょっと今日は文だけの記事になってしまいましたが、私の気づきの備忘録とお店づくりを頑張って行こうと思った初心を忘れずに書き留めておきました。

これからも何度も来たくなる旭山公園売店であるようにスタッフ一同努力していきますので、どうぞみなさんよろしくお願いいたします。


↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
旭山公園売店は旭山動物園の正門前の無料駐車場の隣に建っています。

ちょうどお店の窓口からは駐車場の出口が見えるのですが、その出口付近でここ数日みんなが上を見上げています。

車の誘導員さんも、タクシーの運転手さんも何を見ているの…??と私も気になって見ていたら、手招きされて呼ばれました。

DSC05114_convert_20170819135421.jpg

「鳥の赤ちゃんがいるの」とタクシーの運転手さん。

すぐにカメラを持って駆けつけました

え?お店?お店はスタッフSさんに丸投げおまかせです。

DSC05105_convert_20170819135316.jpg

木の真下から見ているので上手に写真撮れませんでしたが…いました、いました。

もう、赤ちゃんと言うよりはかなり大きくなっているようです。

みんなでなんの赤ちゃんかな~?とお母さん鳥はどこ?なんて話していると電線に鳥が止まりました。

DSC05106_convert_20170819135330.jpg

デデ~ポッポ~、デデ~ポッポ~と鳴いています。

山鳩かな?と思って見ていたら、その鳥が赤ちゃん鳥の巣へ入って行きました。

もう一羽、どこからともなく現れて、さらに巣の中へ。

DSC05108_convert_20170819135346.jpg

私の所からは見えなかったのですが、エサをあげているようだと誰かが言ってました。

お父さんとお母さん鳥なんだね~、子育て中だね~と言いながらみんなそれぞれに解散しました。

子どもの鳥はこんなに大きくなるまで声も出していなかったそうでここにいることを誰も気づきませんでした。

DSC05109_convert_20170819135400.jpg

なんとはなしに楽しみでみんな見上げて様子を伺っていたのですが、この翌日に子どもも親鳥も姿を見せなくなってしまいました。

無事に飛び立ったのかな~?みんなで見上げてたから「あ!見つかった!」と思って引っ越しちゃったのでしょうか。

主のいない空っぽの巣を時々見あげては元気かな~?とみんなそれぞれに思いを馳せたある日の出来事でした。

どうかどこかで元気に暮らしていますように…

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
お店の周りにこんな黒い粒がたくさん…。

みなさん、これはなんだと思いますか~?

実はこれ春に咲いていた「エゾヤマザクラ」の実です。

お店の周りには桜の木がたくさんあって、熟すと落ちるのでしょうか?

毎年この時期はお店の周りはこんな感じ。

DSC05013_convert_20170713125745.jpg

普通のサクランボよりもずっと小さいエゾヤマザクラの実は人は食べて食べれないことはないけど、美味しいものではありません。

でも、カラスや他の鳥たちはこれが大好き!

なのでフンの被害もちらほら。

お店の周りも汚れるけれど、鳥たちの命を支えるエゾヤマザクラ。

春には私たちを楽しませ、夏には鳥たちのご飯になる…すごいですね

DSC05014_convert_20170713125802.jpg

昔、子どもたちが小さかった頃、ある日のおやつはサクランボ。

一粒、一粒、食べ始める子どもたち。

ふと見ると、二男のお皿には二つ くっついた「双子のサクランボ」が取り分けられています。

ちゃんと食べて!と怒る長男と 頑なに双子のサクランボを集める二男。

しだいに空気は悪いものになりました。

DSC05016_convert_20170713125837.jpg

私が「食べ物で兄弟ケンカしないで」と二人に言うと、長男はサクランボを食べるのをやめてフイといなくなってしまいました。

私が「どうして双子のサクランボを食べないの?」と聞くと「二つくっついているのにバラバラにしたらかわいそうだから」と二男。

離れた所に座っている長男を見て、二男は取り分けていたサクランボをお皿に戻し、ひとつだけ手にサクランボを握りしめて食べるのをやめてしまいました。

DSC05015_convert_20170713125821.jpg

しばらくしてから二男は私と長男に一個ずつサクランボをくれました。

それはきっと大事に手に持っていた双子のサクランボ。

大切に握りしめていたから、ぬるくなってしまった双子のサクランボの味。

みんなそれぞれ大切にしたいものっていろいろあるんだな~と思ったあの日の事、ふと思い出しました。

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
こんにちは~

お休みをたくさん頂いて、少しパソコンから遠ざかっていました。

その間もたくさんの方に見に来ていただいてありがとうございました。

今日より通常通りの勤務に戻ります。

またよろしくお願いします

DSC_0348_convert_20170531104951.jpg

お休みの間、家事ももちろんやっていたのですが、今まで行ったことない所、あまりしないこと…を意識してやってみました。

先日の健康診断の「下の血圧」が高かったことでパパさんからもらったアドバイスは「リラックスすること」

リラックス?何もしないこと?寝る?飲む?

リラックスって言われると改めて考えちゃいました。

何をしたのか、続けていけるのか…またブログでご報告していきたいと思います

DSC_0349_convert_20170531105104.jpg

お店の近くに今年もきれいにヒメリンゴの花が咲きました。

この写真は数日前の満開の状態。

ヒメリンゴは咲くと白いのに蕾の時には ほんのりとピンク色が見えるので私は蕾も見るのが好きな花です。

DSC_0196_convert_20170531104504.jpg

さて、先月、実はず~っと気になっていた物をとうとう購入してみました。

もう、使っている方もいるかと思いますが、それは「珪藻土のバスマット」

テレビや通販雑誌などで見るたびに、あっという間にサラサラ、すぐ乾く!というフレーズに欲しいな~と思っていた商品。

でも、本当なの~?となかなか買えずにいましたがちょうどドラッグストアの10パーセント割引券があったので買ってみました。

DSC_0202_convert_20170531104631.jpg

我が家は春から4人家族で生活しています。

お風呂やシャワーを浴びると普通のバスマットでは最後の4人目がちとつらい…

で、実際に使って見ましたよ~

上の写真が箱から出してすぐの状態。

DSC_0204_convert_20170531104824.jpg

写真の取り方がいまいちなのは目をつぶってくださいね

シャワーを浴びてすぐの足で乗ると…なんと足裏の水がギュギュギュっと染み込んでいきます。

バスマットももちろん足の裏もすぐ乾燥してこのまま靴下を履けそうなくらいです。

DSC_0203_convert_20170531104714.jpg

30秒くらいで濃い色に濡れていたバスマットが元のような状態に戻って行きました。

取扱説明書を読むとこのバスマット、基本的には陰干しだけでずっと使えるそうです。

感覚的には短時間の中で家族が続けて使っていると、少しバスマットに染み込むのに時間がかかるように思います。

でも、体を拭いている間にやっぱり足裏さっぱり!ってなるので私は好きです。

1496192618848_convert_20170531104409.jpg

私の目を盗んで水遊びをしたと思われる足跡発見!!

あ!っと気づいてカメラを構えている間にあっという間に証拠は消え失せていきました

DSC_0388_convert_20170531105616.jpg

すぐさま追いかけましたが、足がさっぱり乾いているので余裕の表情…

ぼく、悪い事してないよ?的な態度です。

体質的に砂がおしっこに混ざりやすいようなのでお水は確かにたくさん飲んでほしいけれど、自分のお水入れから飲んでいただけませんかね~?

洗面所やお風呂場のお水って美味しそうに見えるのかな~?

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は11月3日で今シーズンの営業を終了いたしました。2018年は4月29日から営業開始の予定です。お休みの間は事務勤務に戻ったスタッフAが大好きな旭川の事、スキーの事、愛猫ユズルの事などきままにのんびり更新していきますのでよろしくお願いします。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数