旭山公園売店 shop asahiyama park

北海道旭川市にある「旭山公園」。公園内にある『旭山公園売店』からのソフトクリーム情報や、桜の開花状況、隣接する《旭山動物園》のHOTな情報を発信していきたいと思います。

みなさんは旅行に行ったら、何をメインに楽しみますか?

見たことのない景色?その土地でしか食べれない食べ物?それとも、歴史的建造物?

もちろん、全部楽しみたいけど、時間がないの~となった時に、私とパパさんは意見が真っ二つに分かれました。

パパさんは景色や建物が見たい派。

私は…もちろん食べ物を食べたい派!!

DSC_2179_convert_20170309094159.jpg

仙台で牛たん食べずに帰ったら、後悔するでしょ?とレンタカーを借りて一番最初に行ったところが「牛たん炭焼 利久」さん。

レンタカー屋さんには「牛たんマップ」なるものが置いてありました。

仙台にはたくさんの牛たん屋さんがあるんですね~!!

牛たんやホルモンが大好きな私、お腹はグ~グ~なっています。

DSC_2174_convert_20170309093951.jpg

牛たんメニューしかないお店かと思ったら、居酒屋さんのようなメニューもちらほら。

金華サバ…という文字に心躍るも、初心を貫いて、牛たんを注文します。

北海道で見る牛たんより分厚く、ボリューミー。

まるで牛ステーキのようです。

DSC_2175_convert_20170309094015.jpg

パパさんは「牛たん定食」、私はせっかくなので違う味も食べよう!と「牛たん極焼と牛たん赤ワイン煮」を注文。

牛たんと言えば、麦飯にテールスープ!どっちも大好き!

追加で「とろろ」も頼めますがいかがですか?と聞かれましたが、もう「とろろ」と「麦飯」だけでご飯食べれるくらい好きなので、敢えてお断りしてシンプルに頼みました。

でも、断ってから「やっぱり頼めばよかったか?」と心で悶々

DSC_2178_convert_20170309094135.jpg

パパさんの牛タン定食(3枚6切り)、牛たんが分厚くカットされているけれど、ものすご~く柔らかで美味しい!!

今まで食べてきた牛たんとは全く別物のようです。

牛たんが苦手な私の父でもこれなら食べれるんじゃないかな~?と思ったくらいです。

付け合せの南蛮味噌と白菜のお漬物がいい仕事をしています。

麦飯、何杯でもいけちゃうね~

DSC_2176_convert_20170309094044.jpg

私のほうは、牛たん極焼(3切)と赤ワイン煮、牛たん入りイタリアンオムレツ、麦飯、テールスープ。

赤ワイン煮はお箸で切れちゃうほど柔らかく煮込んであります。

イタリアンオムレツもとっても美味しい~。

でも、牛たんはシンプルに焼いた極焼きが私は一番好き

パパさんとシェアして食べたにもかかわらず、と~ってもお腹いっぱいになりました。

DSC_2177_convert_20170309094108.jpg

色々な景色が見たい!と言っていたパパさん、ここから「松島」観光に向かう!と張り切っていましたが時間がなく断念。

「松島や ああ松島や 松島や」

また行きたい!と思える旅行っていい旅行だったということではないのかな?

宮城も山形もまだまだ満喫できてないので、もう一度行きたい!

私はもう一度、牛タンを食べたい!

三男のおかげで思わぬ旅行をプレゼントしてもらった私たち、たくさんの感動と思い出をありがとう

あ、忘れてたけど、一人残ってユズルとお留守番してくれていた二男くんもありがとう

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
あれから一か月も経ってしまったのですね~(遠い目)

なかなか記事が追い付いていないのですが、全国大会の時にお世話になった宮城の「鳴子ホテル」のことを書こうと思います。

仙台空港に降り立ったパパさんと私はレンタカーを借りて、宮城県 鳴子温泉に向かいました。

下の外観を撮ったのは翌日のこと、私たちが到着した日は猛吹雪でした 

DSC_2189_convert_20170306145001.jpg

目の前に温泉街は見えるものの、急で細い坂道が幾重にもつながる「鳴子ホテル」に着くまでに2度スタックし、到着をあきらめようかと思うほどでした。

パパさん、冬場にスキー場や坂道を登る予定のある時は馬力のある車をレンタルしましょう!

雪道をなめてはいけません!…

取りあえず無事着いた「鳴子ホテル」

さすがは温泉街、ホテルの前や駐車場には温泉がチョロチョロと流れており、降った雪が融ける仕組みになっています。(これ、うちの家にも欲しいな~。)

DSC_2180_convert_20170306144701.jpg DSC_2181_convert_20170306144726.jpg

大雪のため到着が大幅に遅れたのですぐ晩御飯です。

晩御飯はバイキング形式。

何もせずして晩御飯が食べられるって幸せ~!!

アユの塩焼きやエビや牛肉の串焼き、お蕎麦に天ぷら、お寿司と何でもありました~。

お味はとっても美味しかったですよ~

DSC_2183_convert_20170306144759.jpg DSC_2184_convert_20170306144831.jpg DSC_2186_convert_20170306144857.jpg

翌日が全国大会だったために温泉にサッと入って早寝した私たち。

翌日の朝食もバイキングで、いつもはおにぎり1個か、サンドイッチを一つしか食べない私ですが、こういう時は別腹??なんでも美味しいですね~

大女将が振る舞う「毎日つきたてのお餅」が本当に絶品!!

これは絶対食べたほうがいいです

お雑煮やお汁粉などもあり、パパさんはお代わりしていました~。

DSC_2196_convert_20170306145054.jpg

創業140余年の鳴子ホテルの温泉はお湯の色が7色に変わる温泉…ということでお風呂は硫黄塩泉、硫酸塩泉、ナトリウム塩化物泉の3本の源泉が楽しめます。

詳しく知りたい方はホテルのHPを見てくださいね~。

分刻みスケジュール行程だったために温泉に何回も入る…なんていう時間は撮れませんでしたが、肩こりや冷えが随分とよくなりました。

あぁ、温泉いいですね

DSC_2195_convert_20170306145027.jpg

感動の全国大会を終えて、宿に戻ってきたときに、その日は節分だったので、こんな粋な計らいが…。

北海道の節分はなんで落花生?~といつも言っていたパパさん、久々に食べる炒ったお豆に大喜び。

こういうのってすごく嬉しかったりします。

お豆も本当に美味しかったです。

DSC_2197_convert_20170306145131.jpg DSC_2198_convert_20170306145156.jpg

全国大会が無事終わり、感動の涙を流した私たちはすっかり乾ききっていたので?夕食時には飲み放題もプラスしてしまいました。

昨日と同じメニューが並ぶ夕食ですが、すべてを食べきれてないので、まったく問題なしでいけちゃいます。

というより、昨日食べて美味しかったものを今日はさらに多く食べる!感じ

飲み放題という魔物に撃沈した私たち、疲れもあって9時過ぎには夢の彼方へ

DSC_2200_convert_20170306145250.jpg

2泊3日の旅で3キロ太った私。

朝食見ても「そうだろうね~」って感じに食べてますね

今朝のお餅は左下の納豆餅にしました。

本当に美味しかった

DSC_2201_convert_20170306145320.jpg

私の中で温泉宿の重視するポイントっていくつかあるとするならば、お風呂も食事ももちろん大事、でももっと大事なのはスタッフさんだと思っています。

気持ちよく泊まってまた来たい!と思えるかどうかって、きっと働いているスタッフさんの力が本当に大きい。

ここの宿で私が見たスタッフの人たちはきちんと挨拶もされていて、丁寧、そしてお食事ホールのスタッフさんは気遣いが素晴らしい。

帰るのが本当に残念なくらいでした。

今度はゆっくりまた来たいな~と思いながら帰路につきます。

DSC_2202_convert_20170306145355.jpg

山形の赤倉スキー場に来たのに、山形のお土産を買う時間がありませんでした。

唯一、昨日の全国大会で買った三男へのプレゼント用のTシャツやパーカーに山形の文字が…。

何か形記念として全国に行った思い出を残したいな~と思ったので買ってしまいました。

着てくれるかな?と心配でしたが、帰って来てからこればかり喜んで着ているようなので…

DSC_2203_convert_20170306145441.jpg

チャックアウトを済ませ、ホテルのスタッフさんにお礼を言って、宿を後にします。

よく見ると小さな温泉街に色々なお店がありました。

ゆっくり回って見たかったな~。

夏には足湯なんかも町の中にあるようでしたよ。

DSC_2204_convert_20170306145504.jpg

鳴子温泉は「こけしの街」でもあります。

さりげない街の風景に「こけし」が見れます。

電話ボックス、橋の欄干、お店の看板などなど。

「こけし」がたくさん展示されている「こけし館」は冬期は閉鎖されているようでした。

ちょっと見てみたかったな~

DSC_2205_convert_20170306145532.jpg

鳴子温泉の郵便局前には「こけしポスト」が!!

パパさんが知っていて連れて行ってくれたのですが、「こけしポスト」ときいて、ポストにこけしがついているのかと思いきや、ポストそのものが「こけし」だったという…

あまりの衝撃にこの日私のツイッターにアップしたら、リツイートといいねの数が今までにないほどの数字でした。

最後の最後にこのポスト。

旅の思い出に華を添えてくれました。

今度はゆっくり観光で行きたいな~


↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

追伸 鳴子温泉は宮城県にあるのに全国大会会場の山形と間違って表記してしまいました。
ごめんなさい。
ご指摘ありがとうございました。
関連記事
先日、二男のスキー準指導員検定会の閉会式に行ってきました。

横殴りの雪が降る中、車のヘッドライトだけが頼りの状況での運転でした。

早めに家を出たのに、着いたのはなんと開始 5分前

取りあえず、二男を入り口で降ろし、私は駐車場を探しました。

DSC_0022_convert_20170302100603.jpg

私が建物に着いた時には、閉会式は始まっていて、会場の立派な扉はしっかり閉まっていました。

入りたいけど気後れした私は入ることが出来ずに耳だけを扉にくっつけていると、センターの係りの方と清掃の女性が、

「せっかくなんだから、入ったらいいよ。息子さんの晴れ舞台見てあげて」と声をかけてくれました。

そっと重い扉を押しあけて中に入ると選手は緊張の面持ちで話を聞いている最中でした。

二男の姿は私からは見えません。

17-02-26-09-36-47-626_photo_convert_20170302100523.jpg

スキーの準指導員を受けている方たちは私と同じくらいの年齢の方もいれば、もっと上の年齢の方もたくさんいました。

去年の秋から、まずは学科の勉強から始まり、雪が降ると実技の試験。

大人になって何かを一生懸命に勉強し、そして合否を待つ…そんな経験を今している目の前の方達がとてもすごいな~かっこいいな~と思いました。

そして、ふと2年前の長男の時を思い出しました。

子どもたちは確実に成長し、スキルアップしているのに私はどうなんだろう?

17-02-26-09-58-10-169_photo_convert_20170302100539.jpg

そんなことを考えているうちにとうとう合格者の発表となりました。

今年の合格率は58.7パーセント。

車の中で学科試験が自信ない…自信ないとつぶやいていた二男。

でも、二男の受験番号と名前を呼ばれました!!

合格です!

17-02-26-09-58-45-996_photo_convert_20170302100750.jpg

壇の上で合格証をもらう二男の姿をまさか見る日が来るとは思っていませんでした。

スキーとどう関わっていくかを悩み、スキーを辞めると決めた4年前のあの日

色々考え、時には立ち止まり、時には遠回りもしたけれど、あの時があって今がある。

続けてきて良かったな~、辞めないで本当に良かった…と二男の背中を見ながら涙があふれてきました。

続けていくことの大変さと、そして喜びを両方一度に味わった瞬間でもありました。

DSC_0043_convert_20170302100624.jpg

二男のスキー板は長男のお下がり、スキー靴を入れるカバンは知り合いからもらったカバン。

長男と三男が新しくスキーの道具を買いそろえていく中で、決して何かを買ってほしいとは言ったことがない二男。

もしかしてそれは一度は辞めると決心した二男の心の逃げ道なのかもしれません。

買ってしまうと辞めるって言えないから…でも、もうそろそろ心の逃げ道、なくても大丈夫じゃない?

二男のようなスキーの関わり方もありだと私は思うんです。

学校もバイトもがんばりつつ、スキーも滑れるときには楽しく滑る!

1453077560372_convert_20160118153831.jpg


閉会式が終わった後、色々な方が二男に声をかけていました。

「よかったね~」「がんばったね~」「今度は教えてよ~」なんて肩を叩かれ笑い合っていました。

二男の周りには笑顔が集まります。

笑わせているんだか、笑われているんだか、わからないけれど、そんな二男の姿を見るのが私は大好きです。

あなたの周りの笑顔の花はとってもキラキラしています。

合格、本当におめでとう。



↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
関連記事
二月も明日で終わりですね。

今年ほど足早に駆け抜けた2月はなかったな~と思います。

3月は息子たち それぞれの卒業式があり、みんな新しい進路が決まっています

長男は就職が決まり一人暮らしを始めることに…、二男はさらに進学することが決定、三男も高校生になります。

3月も怒涛の勢いで過ぎていくのだろうな~、体に気を付けてがんばらなくちゃ…なんて思っても見たりします

DSC_2112_convert_20170227134529.jpg

さて、こちらのバケツの写真…1月のサケ飼育室にあった汲み置きの水用のバケツです。

凍っているのが伝わりますか?

薄氷…なんていうレベルではありません。

バケツの水すべてが凍っていました…

建物内の物置の一角で飼育しているにも関わらず、この氷が出来るサケ飼育室…寒すぎです。

DSC04580_convert_20170227132931.jpg

自然界のサケは雪や氷がある川でふ化しています。

なので温かいところでは育たないのです。

寒くていいんです…いいんです…いいんです… 

寒い中ですが、毎日観察をしています。

その日の気温、水温、室温、鮭の様子などです。

DSC04584_convert_20170227133006.jpg

写真も もちろん撮りためています…が、最近のサケは動きが激しく、泳いでいるために上手には撮れません。

室内なのにマイナスにもなるサケ飼育室でカメラを構えていると…手が震えてるんだか、鮭が動いているんだか…の写真が出来上がります

お腹にオレンジ色が少し見えますか?

オレンジ色の袋(栄養が入っている)「さいのう」がそろそろ見えなくなってきました。

私が苦心して写真を撮っていると、一緒に飼育しているNさんが「あ、いいものあったんだ!」と出してきたのがこれ↓

DSC04610_convert_20170227133128.jpg

A5サイズのミニ水槽!

と~っても見やすい!(なぜに今まで使わなかったのかな??

サケは短時間の間に3度 水温変化すると体が弱ってしまうそうなので、急いで観察しました。

前回もお伝えした体の横のパーマーク(丸い黒いマーク)がはっきり見えますね!

このパーマークが薄くなって消えるころ、サケたちは川を下り海に向かっていきます。

DSC00844_convert_20170227133052.jpg

お腹の下からの観察もこんなにきれいで簡単です!!

お腹に切れ目が入っているように見える部分が「さいのう」の名残です。

このようにして自然と「さいのう」は小さくなり、あとは何もなかったかのようにお腹はくっついて閉じてしまうんですね。

この写真を撮っているときに、Nさんの顔色がみるみるうちに紫に…!!!

なぜかずっと息を止めて撮影していたと… (お願いですから、息をしながら撮影してくださいね…

DSC04629_convert_20170227133221.jpg (浮上しているサケたち)

お腹に「さいのう」をつけていた仔魚(しぎょ)は水の底で横たわっていましたが、「さいのう」がなくなるにつれてサケは体を起こし泳ぎ始めました。

お腹に「さいのう」がなくなった仔魚(しぎょ)を稚魚(ちぎょ)と呼びます。

水面近くまで泳ぎ始める稚魚が現れました。

サケたちがお腹の栄養を使い切り、水底から離れ エサを探すために水面近くまで泳ぎあがることを「浮上」(ふじょう)と言います

浮上が始まるとエサの開始の合図です。

エサやりの様子は次回に続きます



↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

関連記事
我が家のユズルは人間大好き。

日中は寝ている時間が多いのだけど、寝るときも誰かがいるところの近くを選んで寝ています。

心地の良い寝場所を求めつつ、でも一人は寂しい…みたいな感じ。

DSC_1873_convert_20170223103052.jpg

朝、みんながバタバタして準備していると茶の間のキャットタワーで寝そべり、誰かがかまってくれるのを待っているユズル。

家族それぞれがみんなユズルの罠にかかり、しばしナデナデタイムを満喫する羽目に…

ユ「なでろー、かまえー、あそべー」

DSC_1806_convert_20170223103026.jpg

長男のハイベットは私の身長ほどもある高さなんですが、ユズルは我が家に来たときからここがお気に入り。

長男は「ユズルは俺のことが一番好きなんだ」と主張してますが、ハイベットが好きなのでは?

心なしか悪ニャンコの顔してますね~

DSC_2126_convert_20170223103147.jpg

タンスとふすまの隙間、15センチもないくらいのところにオモチャを入れてしまい取りに入ったユズル。

出てこれなくて、かぼそく「ニャッ」と鳴いたので、火事場の馬鹿力を出さなきゃ助けられないか!?と私が あたふたしていたら、

微妙に落ち着いたらしく すきまライフを楽しんでいるの図 (ちゃんと後ずさりして出てきました~)

DSC_2120_convert_20170223103121.jpg

ユズルの愛を独り占めしたいパパさん、お小遣いでユズルにホットカーペット(写真手前)を購入しましたが、ユズル使う気配なし。

ある日、私が100均で洗い桶を買って茶の間に放置したら占拠されました。

「あ~ぁ、ホットカーペットが泣いているよ~」と私が言うと、「泣いているのはパパでしょ~」とつぶやいていたパパさん

1487720745192_convert_20170223103000.jpg

洗い桶は返してもらい、ホットカーペットを使うように声をかけたのに、誰かが置いた100均のカゴに収まるユズル。

ストーブがついている間はホットカーペットはいらないのかもね。

私にもホットカーペット買ってほしい~

1487814089254_convert_20170223104506.jpg

そして、最近は私が夕食後いつも もたれかかってテレビを見るわずか20㎝のお気に入りスペースまで占領されつつあります。

ただでさえ、キャットタワーを置かれて肩身狭い思いしていたのに…しかも私のスリッパも踏んづけてる!!

みんながいる場所が自分の居場所。

そう思ってくれているなら私のお気に入りスポット、ユズルに譲るしかないか…

私「でも、例えば私がそこに座って、その私の膝の上に座れば丸く収まるのでは?」

ユ「それはイヤ…

私「

↓ランキングに参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
関連記事

Shop Asahiyama

Author:Shop Asahiyama
旭山公園売店は現在冬期間のため閉店しています。2017年4月29日に夏期営業を開始します。事務所勤務に戻ったスタッフAが大好きな旭川のことやスキーの事、美味しいお店の情報や家族の事、愛猫ユズルについてのんびり更新していきます。よろしかったらお付き合いくださいね~。

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

アクセス数